ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)が、「コロナ医療支援募金」を立ち上げた。

 ヒカキンは21日、自身のYouTubeチャンネルのなかで、新型コロナウイルスと戦う医療従事者を支援するために募金を立ち上げて、自身も1億円を募金したと明かしつつ、一緒に募金してほしいと視聴者に訴えた。

 ヒカキンは募金を立ち上げた経緯について、自身が新型コロナウイルス対策として何かできないかと思い、YouTubeのなかで外出自粛を訴えたり、小池百合子東京都知事と対談するといった活動を続けてきたが、そんななかでひとつのDM(ダイレクトメール)を受け取ったことがきっかけになったと語った。

「ヒカキンさん、怖いです。まさか、今まで仕事をしてきて、こんな未知の恐怖が突然やってくるとは思いませんでした。毎日、不安で不安で仕方がありません。もちろん仕事から逃げるなんてことは許されませんし、さらには大切な家族にうつして万が一のことがあったらと思うと、家族に会うこともできず、家にもずっと帰れていません。この現状を少しでも知っていただきたいです」

 ある医療従事者から、このような内容のメールが届いたことで、自分なりに調べたところ、感染防止の物資が不足し、ビニール袋や雨ガッパで防護服をつくったり、毎日感染者の命を救うために家族にも会わずに頑張っている医療従事者が偏見により差別されていることなどを知り、募金して支援することにしたと述べた。

 さらに、新型コロナの感染者数は減少してきているものの、緊急事態宣言が解除されたとしても、完全に終息するまでは医療従事者が安心して働けるようにはならないとの持論を語り、さらに第2波の到来も予想されていることから、医療現場に対する支援は続けていくべきだとして募金の重要性を説いた。

 そのうえで、医療現場への支援を迅速に行うため、Yahoo!基金と協力することにしたという。集まった募金はNPO法人や各自治体を通してマスクや消毒液、防護服などの医療物資を送るほか、医療従事者の負担軽減や感染リスク低減のための支援活動などに充てるとしている。

 ヒカキンが募金を立ち上げたことを受け、賛同する声が多く上がっている。重症コロナ病棟で働いている看護師を名乗る人からは、「医療従事者の気持ちを考え、支えたいと思って行動して下さる姿にただただ感謝の気持ちしかありません。その思いを胸にこれからも頑張っていきたいと思います」と、ヒカキンの思いに励まされたとの言葉も寄せられている。

 ほかにも、医療従事者から「個人防護具が不足して袋をかぶる、処置に使えるガーゼが足りないなど頻発しています。 以前からですが超急性期の大学病院では時給数百円の最低賃金を割るような条件で日夜働く医師が、今はさらに感染症の最前線に立たされています」と、逼迫する医療現場の現状を訴える声もあがっている。

 ヒカキンの行動を偽善だなどと非難する声も一部にはあるが、間違いなくこの行動による影響は大きく、実際に救われる命も少なくないだろう。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ