黒川検事長、大甘処分で退職金数千万円…政治家・官僚・マスコミの賭け麻雀タブーの画像1
菅直人元首相の公式ホームページ

 「週刊文春」(文藝春秋)の“賭け麻雀”報道を受けて、東京高検の黒川弘務検事長(63)が辞意を表明。22日に閣議で承認された。国会周辺では同日早朝から官僚が慌ただしく出勤し、議員会館周辺の動きも活発化している。立憲民主党、国民民主党などは安倍晋三政権への追及を強める構えだが、そんな中、Twitter上に投稿されたある大物野党議員の投稿が物議をかもしている。立憲民主党の衆議院議員、菅直人元首相(東京18区)その人だ。菅氏は21日、以下のように自身の公式アカウントに投稿した。

「#権力は頭から腐る

検察法改正問題で渦中の黒川検事長が、コロナ自粛の真っ最中、親しい新聞記者の自宅で賭けマージャン。余りにも常識外れのことで、唖然としている。安倍長期政権のおごりが周辺にも波及しているとしか思えない。権力は頭から腐る」(原文ママ)

菅元首相は過去に賭け麻雀を告白していた

 野党を代表する議員のひとりが、この問題を糾弾するのは不思議なことではない。だが、菅氏の場合は少し状況が異なるようだ。この投稿に対して、「ブーメランではないか」との反論が殺到しているのだ。

 実は、菅氏は2014年6月2日発売の麻雀漫画雑誌『近代麻雀』(竹書房)のインタビューで、政界でも有名な麻雀愛好家として紹介されていたのだ。そこで会社員時代に麻雀用の自動計算機を開発し、特許を取得したエピソードと合わせて、以下のように語っていたという。

「少し勝つと『次の選挙資金だね』とか冗談を言われた」

 つまり、賭け麻雀を行っていたことをほのめかしていたのだ。菅氏の投稿には、『近代麻雀』での発言を報じた同年6月4日付産経新聞インターネット版の記事『菅元首相、賭け麻雀「告白」 「勝つと“次の選挙資金だね”と」』のスクリーンショット画像が貼り付けられた。

 そのうえで、「マージャン点数計算機を作って特許取った、菅直人さん。過去に賭けマージャンもやってた、菅直人さん。国民はあなたに唖然としてます」「ご自身の経験談ですか?腐った感想教えてください」などと批判が殺到している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ