NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

テレワークに絶対不可欠な半導体の生産を止めるな!PCR検査の遅れで加賀東芝工場停止

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ禍で普及したリモートワーク

 在宅勤務によるテレワーク、リモート診療、オンライン授業――。

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大を防止するため、人と人との接触を8割減らすよう連日、政府や都道府県の知事等が呼び掛けた結果、PC、タブレット、スマートフォンなどの端末を使った上記のリモートワークが急速に普及している。

 筆者も緊急事態宣言が出された4月7日以降、仕事のための外出をすべて自粛し、毎日のようにウェブ会議を行っている。最初は慣れない操作に戸惑いもあったが、使いこなしていくと、非常に便利だと思うようになった。

 例えば、5月17日(日)~20日(水)の4日間、ドイツで開催される予定だった半導体メモリの国際学会“International Memory Workshop(IMW)”が、オンライン形式で実施されることになった。筆者はIMWを取材する予定しており、当初は飛行機代やホテル代など40~50万円の出費を覚悟していた。ところが、オンライン学会なら、これらの費用は一切かからない。フリーランスのジャーナリストとして、これほどありがたいことはない。

 また、在宅勤務でテレワークを行っている企業の社員などは、通勤時間を節約できるし、満員電車で疲弊することもない。今まで通勤で消耗していた時間とエネルギーのすべてを、仕事に注ぐことができる。日本の労働生産性は、これを機会に改善されるのではないかと思う。

 現在、コロナの感染拡大の第1波はピークアウトし、緊急事態宣言が解除され始めている。しかし、一度普及したリモートワークを継続する企業は多いだろうし、真の働き方改革を実行するなら、これをきっかけにリモートワークを定着させるべきであると思う。

リモートワークには半導体が必要不可欠

 しかし、リモートワークの定着のために解決しなくてはならない課題がある。リモートワークには、PC、タブレット、スマートフォンなどの端末のほかに、通信基地局、データセンタが必要不可欠である。そして、これらの電子機器や設備には、多種多様な半導体が大量に必要となる。

 これらの半導体は、輸入しているものもあれば、国内で製造しているものもある。したがって、リモートワークの普及と定着のためには、少なくとも国内の半導体工場の稼働を止めてはならない。また、半導体の製造に使われる各種の半導体製造装置(その部品や設備)および各種の半導体材料の供給も止めてはならない。

 ところが、PCR検査の遅延が原因で、石川県にある加賀東芝エレクトロニクス(以下、加賀東芝)のパワー半導体工場が4月16~30日の2週間、生産を休止した。筆者の知る限りでは、加賀東芝は世界で初めてコロナで生産を休止した半導体工場となった(詳細はJBpressの記事を参照ください:『加賀東芝工場でクラスター、悔やまれるPCR検査遅延』)。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ