NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

東京・南千住を歩くと驚きの連続だ…なぜ50年前の光景がそのまま残っている場所が多いのか

文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

 千住の宿場というと北千住がメインだが、千住大橋の南詰(南千住側)にも江戸時代から宿場があり、飯盛女のいる旅籠屋があったという。その場所は日光街道沿いだろうと思っていたが、はっきりしなかった。だが、あるとき古今亭志ん朝の落語を聞いていたら、今日は吉原に行くかコツ(=小塚原)にするかというセリフが出てきて、なるほどと思った。日光街道ではなく、その東側のコツ通りのほうにあったようなのだ。

 コツ通りの歴史は古い。徳川幕府ができてまず日光街道を整備したので、街道沿いには煮売屋、茶屋などが多かった。寛文元年1661、北千住の千住宿の加宿(かしゅく。注)となってから、飯盛女を置くことが許され、暗娼(くらもの、私娼のこと)も現れるようになって、江戸の岡場所に1つに数えられるようになったという。

注)加宿とは、主に江戸時代、五街道や脇往還において駅逓事務を取扱う為設定された宿場(宿駅)において、人家が少なく人馬を出しにくい宿駅で隣接する村を加え人馬の用を行わせたもの。

 井原西鶴の「好色一代男」(天和2年、1682年)には、主人公の世之介が小塚原の茶屋町の暗娼あさりをする場面があるという。天和から元禄にかけては江戸の各地に暗娼が激増したので、商売の邪魔になると困った吉原が町奉行に訴状を出すほどであった。

 そうした中で、小塚原町、中村町の飯盛旅籠も私娼窟として繁盛し、1740年代には千住宿旅籠屋仲間あの営業まで圧迫するほどになり、千住五カ町は訴状を提出、小塚原町と中村町に対して旅籠を15軒以上に増やすなと決定された。旅籠1軒につき飯盛女1人という規定も守られず、多数の飯盛女を抱える旅籠が多かったため、10軒は取りつぶしとなり、あとの5軒だけが営業することになるという事件もあったという。

 しかし旅籠が減っては本来の伝馬の役割も果たせないということで、旅籠1軒につき飯盛女1人という規定を遵守する条件で1752年には再び15軒の営業が認められたという。だが、女1人では旅籠の営業が難しく、64年には品川、板橋、千住の宿場でまた女の増員が認められて、といういたちごっこがその後もずっと続いたようだ。結局、女を売るということが旅籠の経営の一貫であるだけでなく、地域振興、税収増加政策になってしまっていたわけである。

 その後、神保町の古本屋で「南千住赤線」という写真何枚かを発見し、購入した。誰か一般の人が撮影したものが売りに出たものらしい。普通の長屋のようなものに見えるが、窓の格子が竹でできており、しかも安い竹なのか、かなり曲がっている。いずれにしろ一般人が住む家なら竹の格子は付けないだろうから、本当に赤線だったかどうかはわからないが、赤線近くの料理屋などだった可能性はある。

RANKING