生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 毎年5月になると届く自動車税(種別割)納付通知書。車種によっては10万円を超えることもあるので、少しは得する支払い方法を知りたいところだろう。実は、自動車税はクレカや「nanaco」「WAON」「PayPay」「LINE Pay」「FamiPay」といったキャッシュレス決済にも対応している。そこで今回は、どれが得する自動車税の支払い方法なのか検証してみよう。

自動車税の支払いにキャッシュレス決済が利用できる!

コンビニで自動車税のキャッシュレス払いはどの方法が一番お得?の画像1

 自動車を所有している人のもとに、毎年5月になると届く自動車税(種別割)納付通知書。軽自動車でも1万円以上、排気量6L超は11万円も納付しないといけないので、少しでも得したいと考えるのが人情だろう。実は自動車税も数年前からクレカ払いが可能となっているが、手数料を330円程度取られてしまうのがネック。ただ納付額によってはクレカ支払いのポイント還元で少しは得する場合もあるようだ。次に気になるのが「nanaco」「WAON」「PayPay」「LINE Pay」「FamiPay」といったキャッシュレス決済だろう。果たしてクレカ払いよりも得するのはどれだろうか?

 まず注目したいのが、昔から公共料金の支払いが可能な電子マネー「nanaco(ナナコ)」だ。実はセブン-イレブンでnanacoを使って自動車税を支払ってもポイント還元はないが、事前にセブンカード・プラスでnanacoにチャージした場合は、0.5%のポイントが付与されるのだ。もちろんnanacoで自動車税を支払っても手数料はかからないので、丸々0.5%がお得になる。

 2020年5月4日から、全国のミニストップで自動車税と軽自動車税の納付に対応したばかりの電子マネー「WAON(ワオン)」。イオンカード(WAON一体型)やJMB WAONカードなどでも自動車税の支払いは可能だ。WAONで自動車税を支払ってもポイント還元はないが、事前にイオンカードセレクトでWAONにチャージした場合は、0.5%の「ときめきポイント」がもらえるのでお得。ただし、バーコード番号によっては支払えない場合もあるので注意しよう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ