NEW
話題の書『あぶない英語』の著者・岩田雅彦氏に聞く

「ステイホーム」の今こそ学びたい! 夫婦の危機を回避するために知っておきたい英語

文=岩田雅彦

「ステイホーム」の今こそ学びたい! 夫婦の危機を回避するために知っておきたい英語の画像2

 国内での緊急事態宣言は解除されたが、いまだ新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、世界中の多くで「ステイホーム」を強いられている人たちは多く、リモートワークやオンライン授業、ショッピングなど、さまざまなオンラインサービスの利用が急増している。なかには動画配信やゲームなどを通じて、英語に触れたり、実際に英語圏の人とオンラインで交流したりする機会が増えたという人も少なくないはずだ。

 ただ、英語には、使い方を間違えると、ひどい誤解や怒りを招き、たったひと言でも人生を棒に振りかねない表現や、セクハラ、パワハラ、差別と認識され、大問題になる表現が多々ある。

 実社会を渡るための英語力を身につけることは、危機管理を徹底し、その背景にある英語圏の文化をも学ぶことにつながるだろう。

 そこで今回、類例のない教養本『あぶない英語』(幻冬舎新書)を上梓した岩田雅彦さんに、いま話題の海外ニュースから、ステイホームで夫婦や家族間で飛び交う「あぶない英語」について解説していただくことで、そうした危機管理を徹底し、日米問わず、コミュニケーションを円滑にするヒントをもらうことにした。

ロックダウン後、DVは本当に減っているのか?

 長引く自粛生活のなかで、何かとイライラしている方が増えています。ステイホームによってイライラした夫婦やカップル、家族が「あぶない英語」を発し、ときには暴力沙汰になるケースが伝えられ、DV(ドメスティック・バイオレンス)など、人間関係の不和が問題になっています。

 アメリカでは、Stay the fuck at home./ Stay the fuck inside. (家に居やがれ)という表現を目にする機会が増えました。他国でも、いまだに自宅待機、ロックダウンが継続され、人々のストレスは爆発寸前です。

 日本も同様です。マスクをめぐる争奪戦で口論になったり、新型コロナウイルスの影響で仕事が減った夫が、妻から「稼ぎが少ない」と言われ腹を立て、頭を平手打ちし、死亡させてしまう事件が起きたりしました。

 病院や保健所へ「なぜPCR検査をしてくれないんだ!」と怒鳴り込む人もいるでしょう。営業を自粛しないお店へ電話や貼り紙で怒りをぶつける人もいるでしょう。社会全体が疲弊して、その怒りの矛先が弱いところ、文句を言いやすいところ、たとえば家庭、医療現場、お店に向かっているのです。

 国連によると、6カ月のロックダウンで世界では3,100万(平時のケースを除く)のDVが生じるのではないかと予想されています。各自が独立した部屋を持ち、プライバシーが保たれていれば良いのですが、そんな家は多くありません。どんなに仲が良くても四六時中一緒にいたら、文句のひとつも言いたくなることもあるでしょう。仲が悪ければなおさらで、一触即発です。

 The New York Timesは、“ロックダウン後、DVの統計上の数字は減っているが、実際のところはどうなのか”と疑問を呈しています。つまり、ロックダウンでabuser(暴力をふるう人)と一緒に家にいる(監視下にある)ため、警察やホットラインに通報できない、させてもらえない可能性があるのではないかと危惧しているのです。

 実際、同紙は “social distancing and stay-at-home orders have fueled incidents of domestic violence in New York City” (ソーシャルディスタンシングとステイホームによってニューヨーク市のDVは加速した)として、いくつかの事例を挙げています。

 このThe New York Timesの記事は示唆に富んでいて、統計で騙されないための礎になると思います。統計に表れるDVの件数は、何を基準とするのか、どのように収集されるのかを考えなければなりません。ホットラインの相談件数か? 警察への相談件数か? その両方を合算したものか? 訴訟件数か? 被害届の数か?

 いずれにせよ、実態は反映されていないことがわかります。もしも、行政が、コロナパンデミック以前に予算を計上しDV対策をしていた場合、コロナによるロックダウンによってステイホームしているにもかかわらず、DV件数が減ったと、自画自賛することでしょう。まさに統計は、「正しいこと以外はすべて表現できる」(統計は恣意的に作られ、無知な人を騙すための手段となりうる)のです。数字は大切ですが、あくまでも参考資料のひとつでしかありません。

夫婦間で言ってはいけない「あぶないNG」ワード

 ニューヨーク市の委託でホットラインを運営しているNPOによれば、(電話による)相談件数は11%減ったものの、オンラインチャットによる相談件数は増えているそうです。

 また、CNNによると、ロックダウン中、ニューヨーク市のDV相談に関するウェブサイトへのアクセスは急増しており、チャットやテキスト(ショートメッセージ)での相談が増えているそうです。これらのことから、DV被害者は、電話などの手段では通信できない状況にあることがわかります。

RANKING

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ