JR東海、33年間取締役の葛󠄀西氏が名誉会長続投…しまむら、79歳元会長が取締役復帰の画像1
中央新幹線営業運転に投入予定のL0系(「Wikipedia」より/Hisagi)

 JR東海は5月15日、葛󠄀西敬之取締役名誉会長(79)が6月23日の定時株主総会で取締役を退任する人事を発表した。葛󠄀西敬之氏が取締役から退くのは1987年の会社発足以来初めて。33年あまりで退くことになる。名誉会長の職は続ける。

 葛󠄀西氏は63年、旧国鉄に入社。のちにJR東日本社長となった松田昌士氏、JR西日本社長を務めた井手正敬氏とともに、国鉄改革「3人組」の1人として知られる。95年に社長、2004年から会長を務め、14年に名誉会長に退き、18年には代表権を返上した。

 取締役の退任はJR東海の「葛󠄀西時代」の終焉を意味するのだろうか。在任中の最大の事績は、27年の開業を目指しているリニア中央新幹線を“国家の事業”に格上げしたことである。

安倍晋三首相を支えてきた男

 葛󠄀西氏は安倍晋三首相に近い経済人として知られる。首相動静によると、今年1月17日、東京・平河町の日本料理店「下関春帆楼東京店」で葛󠄀西敬之JR東海名誉会長、古森重隆富士フイルムホールディングス会長、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と会食している。3月31日には、官邸で葛󠄀西氏と会った。

 葛󠄀西氏は親米保守派の論客として、首相の右派人脈につらなる人物だ。日本最大の右派団体である日本会議の幹部と顔ぶれが重なる「美しい日本の憲法をつくる国民の会」では、代表発起人に名を連ねた。また、安倍首相が第1次政権時代に肝いりでつくった「教育再生会議」のメンバーを務めた。

 葛󠄀西氏は、安倍氏が首相に就任する前から、大企業のトップでつくる親睦会「四季の会」をつくり、安倍氏を支えてきた。この中心メンバーが葛󠄀西氏と古森氏である。「四季の会」はNHK(日本放送協会)の人事権を掌握してきた。第1次安倍政権の発足以来、NHKの経営委員会委員長や会長の人事に影響力を及ぼしてきたとされる。今年NHKの会長に就任した元みずほフィナンシャルグループ会長の前田晃伸氏も「四季の会」のメンバーだった。

 安倍政権は日本の成長戦略として、社会インフラの輸出を打ち出した。その柱の一つがJR東海の東海道新幹線の輸出。インフラから保守点検までパッケージで輸出する。葛󠄀西氏は、かつてJR東日本と川崎重工業が新幹線技術を中国へ輸出したことについて「国を売り渡す行為」と猛反対した。リニア中央新幹線の総事業費は9兆円。JR東海は当初「自己資金で建設する」としていたが、2016年6月、安倍政権は3兆円の公的資金の投入を決定した。JR東海は財政投融資を活用して長期借り入れを行った。リニア中央新幹線の工事は、まだ着工できない工区もある。27年開業に暗雲が立ち込める。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ