コロナ自粛の影響でますますデリバリーサービスの需要が高まっている。そんななか日清食品が「一風堂」や「すみれ」などの人気ラーメン店と手を組み、お店の味を自宅やオフィスに届けてくれるデリバリーサービス「RAMEN EX」を5月11日より開始した。提供される商品はどれもレンジで温めるだけですぐに食べられるという。

名店のラーメンをデリバリー、日清「RAMEN EX」が“驚異的なクオリティ”だったの画像1
巷で噂の「RAMEN EX」(画像は「RAMEN EX」公式ページより)

 日清食品といえばインスタントラーメンのイメージが強いため、わざわざデリバリーサービスを新規展開しなくてもいいのでは? という疑問もよぎる。だが、「RAMEN EX」公式ページでの説明を見ると、“これまでラーメンのデリバリーが抱えていた「麺が伸びる」「スープが冷める」といった課題を、弊社がインスタントラーメンで培ってきた高度な技術によって解決…”とあり、むしろ日清食品だからこそ実現できるサービスなのだと納得させられる。

 現在配達可能なエリアは東京西麻布店、東京新宿店、大阪梅田店の3店舗から半径3.5km圏内とかなり限定されているものの、6月には福岡店もオープン予定。順次、対応エリアが拡大していくようだ。

 注目度満点のこのサービスはSNSでも話題にされているが、その多くはエリア圏内に在住する人を羨む内容で、実際にサービスを体験したユーザーの感想はまだ少ない。そこで、今回はラーメンファンの間で噂の「RAMEN EX」を体験し、率直な感想をレポートしていきたい。

「Uber Eats」か「出前館」からスマホで簡単注文

「RAMEN EX」は「Uber Eats」または「出前館」からスマホで注文。店頭や電話での注文は一切受け付けていないとのことだ。今回筆者は「Uber Eats」から注文してみることに。

名店のラーメンをデリバリー、日清「RAMEN EX」が“驚異的なクオリティ”だったの画像2
「Uber Eats」の「RAMEN EX」のページにアクセス

「RAMEN EX」のページにアクセスすると“ただいまご利用いただけません”との表示が出ており、いきなり壁にぶち当たった。筆者がサービスを利用したときは雨天であり、昼時。配達員がなかなか見つからないのだろうと思い、しばらく待つことに。

 しかし、1時間半待っても注文できる気配がなかったため、痺れを切らして「RAMEN EX」新宿店に問い合わせ(ちなみに公式ページで公開されている電話番号は、問い合わせ専用とのことだ)。すると、「Uber Eats」のネットワークトラブルでつながりにくくなっていたとのことで、その後すぐに注文することができた。発足したてのサービスゆえの不安定感なのだろうか。

名店のラーメンをデリバリー、日清「RAMEN EX」が“驚異的なクオリティ”だったの画像3
注文できるのは全部で5種類

 注文できるのは、「一風堂監修 博多とんこつラーメン」(1080円、税込み、以下同)、「すみれ 札幌濃厚味噌ラーメン」(1080円)、「ますたに 背脂鶏ガラ醤油ラーメン」(1080円)、「無鉄砲監修 とんこつラーメン」(1080円)に加え、日清食品オリジナルの「豚天国ラーメン」(1380円)だ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ