『テラハ』山里亮太らの毒舌が出演者へのバッシングを助長か…タガが外れたフジの煽り演出の画像1
サイト「NETFLIX」の『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』のページ

 フジテレビは27日、人気恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』の放送を中止すると発表した。『テラスハウス』に出演中だった女子プロレスラー、木村花さんが23日、番組をめぐるSNS上での誹謗中傷が原因で亡くなったとみられており、それを受けての対応。

 同番組は男女が同じ住居で共同生活を送るなかで展開されるリアルな恋愛模様を追う“リアリティー番組”を標榜しており、毎回番組の冒頭で「台本は一切ございません」と説明されてきたが、ここにきて“やらせ疑惑”が浮上している。

 27日付「NEWSポストセブン」は現役スタッフなどの証言に基づき、制作者がストーリーをつくり出演者に指示をしており、制作者の意向にそぐわないと編集で出演シーンが削られると報じた。さらに同日付「文春オンライン」も、全体の流れはスタッフが誘導していると報じた。

 一方、共同生活を送る男女の映像を受けてスタジオでトークを展開するレギュラー出演陣のタレントたちにも、批判の矛先が向いているようだ。

「恋愛にいそしむリア充の若者たちを妬むというポジションから山里亮太(南海キャンディーズ)や馬場園梓(アジアン)がボロカス言い、それを徳井義実(チュートリアル)がツッコんでなだめるというかたちでうまくバランスが取れていました。しかし、昨年に徳井が申告漏れで活動自粛に入り不在となって以降、2人を抑える存在がいなくなり、一方的な悪口に終始するような場面が目立ち、結果的にSNS上での共同生活側のキャストたちへのバッシングを煽ってしまった面は否めないでしょう。

 徳井がいなくなり、山里らがそれまでの毒舌キャラを弱めたり、徳井の代わりにYOUやトリンドル玲奈がストッパー役をつとめるかたちにすればよかったのですが、逆に2人が山里の発言に同調する場面も多々あったように感じます。そのあたりをキャスト陣を含めた制作サイドがもう少し意識すべきでした。ただ、山里や馬場園はあくまで番組の演出上、悪口キャラの立ち位置に置かれていただけなので、彼らを誹謗中傷するのは筋違いでしょう」(テレビ局関係者)

コスチューム問題をめぐる動画を投稿

“煽り”という意味では、木村さんへの誹謗中傷のきっかけとなったコスチューム問題をめぐる動画を、炎上が始まった後に番組の公式Youtubeで公開したことも問題視されている。

「『テラハ』人気はSNS上での盛り上がりに支えられていた面も大きく、スタジオトークでの悪口トークしかり、問題となっているYoutube投稿しかり、制作サイドがSNS上での視聴者たちの盛り上がりを煽り話題性を高めようと意識していたことは確かでしょう。しかし、本来であればそれと同時に、出演者たちへのバッシングが過熱しすぎないようになんらかの対策も講じておくべきだったと思います。その点はBPO(放送倫理・番組向上機構)での審査対象になり追及される可能性も高いでしょう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ