東野幸治、「妻の数千万円の借金を背負った」と嘘…嘘を後から告白して話題になった芸能人3人の画像1
東野幸治Twitter「Higashinodesu」より

 お笑いタレントの東野幸治が自身のTwitterを更新し、以前テレビ番組で語った内容が嘘だったことを明かしてファンを驚かせた。

 事の発端は、5月に放送された『マルコポロリ!』(関西テレビ)での一幕。東野は番組へリモート出演した際に、妻が経営する会社の借金として数千万円背負ったと暴露した。“嫁の保証人で大借金”と嬉々として語る東野だったが、なんとこれが真っ赤な嘘。放送から間もなくTwitterに「嘘をついてしまいました。びっくりさせたくなって言いました」とコメントし、妻や会社への謝罪を綴っている。

 東野はさらに自身のYouTubeチャンネルでも事の顛末を告白。嫁から渡された書類にハンコを押したのは事実であるものの、そもそも保証人になるための書類ではなかったそうだ。今回の一件に対し、ネット上では「勘違いで世の中を騒がせすぎ」「冗談でよかったけど、阿保やな(笑)」などと、あきれた声が続出。ちなみにその後、妻からこってり2時間叱られたとか。

 今回は東野のように、嘘をついて話題になった芸能人たちをご紹介しよう。

マツコ・デラックス

 タレントのマツコ・デラックスは、以前放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にて無名時代の対談で嘘をついたと告白。過去にエッセイスト・中村うさぎと対談した際、マツコはインパクトを残すために多くの嘘をついたという。

 中村の前で「ようかんとカステラを丸ごと1本食べられる」「路地裏に挟まったことがある」などの嘘を連発したという。そんな嘘まみれの当時を振り返り、「嘘はついちゃダメ」「後で辻褄が合わなくなってくるのよ」と、しみじみ語った。マツコの話にSNSなどからは、「マツコも嘘つくことあるんだね」「ぶっちゃけ嘘でも嘘っぽくないからセーフ」「“後で辻褄が合わなくなる”って、なんかわかるわ」といった声が続出。過去についた嘘を後悔しているあたり、嘘で失敗した経験があるのかもしれない。

植野行雄(デニス)

 お笑いコンビ・デニスの植野行雄は、2017年放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した際、これまで視聴者を裏切っていたことを告白。ブラジル人と日本人のハーフである植野だが、見た目を生かしたトークで一躍、人気芸人の仲間入りを果たす。しかし同番組で、植野が今まで語ってきた「イラン人同士のケンカに巻き込まれた」「運動会の組体操でピラミッドの横のスフィンクスをやった」などのエピソードがすべて嘘だったと明かした。

 今まで語ってきた話が嘘だったと業界にバレ始め、仕事が激減中だというデニス。ネット上には、「売れたいからって嘘つくのはダメだろ」「ちょっと本当っぽいから余計にタチが悪い」「嘘だったって認める姿勢はいいよね」と、賛否をふくめさまざまな声が寄せられている。

“嘘”は時に身を滅ぼす。誰も傷つけない“優しい嘘”もあるものの、嘘をつかずに生きていきたいものだ。
(文=編集部)

情報提供はこちら