生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 当初は100億円キャンペーンなどで人気を集めたスマホ決済アプリの「PayPay」だが、最近では昔ほどの高額ポイント還元もないため、ライバルアプリに乗り換えた人もいるだろう。ところが、微妙に残ってしまったPayPay残高を使いきるのは意外と難しいのをご存じだろうか? そこで今回は、PayPay残高を完全に使い切る方法を紹介したいと思う。

PayPay残高+現金併用払いはNGなの知ってた?

PayPay(ペイペイ)に微妙に余っている残高を使い切るにはどうすればいいの!?の画像1

 急速に普及してきたスマホ決済アプリ。そのなかでも大型キャンペーンでユーザーを増やしたのが「PayPay(ペイペイ)」だ。2020年2月現在では2,500万超のユーザーが登録していると言われているが、最近は大型キャンペーンも少なくなり、昔ほどのメリットは感じられない。しかも、d払い、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイといったライバルも台頭してきており、すでにPayPayはあまり使っていないという人もいるだろう。でも、“PayPayにチャージした残高が微妙に数百円残ったまま”という人も多いのでは? これって、どうすれば全部使い切れるのだろうか……。

 たとえば、500円の商品を買うときPayPay残高が500円未満だった場合は、「PayPay残高が不足しています」と表示され、追加チャージするかPayPayに登録したクレカで支払うしかない。実はPayPayの公式サイトには「お支払い時に、複数の支払い方法を併用することはできません」とあり、原則として、買い物をするときにPayPay残高+現金を併用して支払うことはできないのである。それでは、いったいどうすればPayPay残高をキレイに使い切ることができるのだろうか?

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ