朝ドラ『エール』で「美人すぎる」と話題の春花&入山法子、モデル兼女優の確かな存在感の画像1
NHK連続テレビ小説『エール』」より

 NHKの連続テレビ小説『エール』第9週では、古山音が挑戦する「椿姫」のヒロイン・ヴィオレッタ役の審査が最終局面を迎えた。また、古山裕一の幼なじみの村野鉄男の恋物語も大きなポイントとなった、5月25日(月)~29日(金)のストーリーを振り返る。

カフェーのバイトで“恋愛偏差値”を高める音

 音(二階堂ふみ)は、記念公演の審査員として招かれた双浦環(柴咲コウ)と再会する。幼い頃に豊橋で会っていることを伝えつつ、ヴィオレッタ役の二次審査に挑み、結果は合格。音と夏目千鶴子(小南満佑子)の2人が最終審査に残った。音は一安心するが、審査後に双浦から「最終選考で勝つのは難しい」と言われる。

 喫茶バンブーで、音の歌からは何も伝わらないとダメ出しを受けたと、裕一(窪田正孝)とオーナー夫妻(野間口徹・仲里依紗)と佐藤久志(山崎育三郎)に相談するうちに、音の“恋愛偏差値”の低さが判明。そこで、ヴィオレッタの気持ちを理解するために、音はカフェーでの短期バイトを決意する。

 一方の裕一は、早稲田大学応援部の影響を受けて前向きになっており、その勢いのまま、村野鉄男(中村蒼)に上京して作詞家として活動しないかと持ちかける。しかし、鉄男からは時期尚早と断られてしまう。

 コロンブスレコードでは、廿日市誉(古田新太)から地方小唄(ご当地ソング)の作曲を打診されてやる気になるが、ダメ元で発進したプロジェクトだったこともあり、うまくいかずに落ち込む裕一。さらに、木枯正人(野田洋次郎)から、カフェーでの音の人気ぶりを聞いて取り乱してしまう。

―――

 新人ながら指名をもらい、カフェーでうまくやっていた音。ある日、客とトラブルを起こして叱られているところに先輩女給の希穂子(入山法子)がフォローに入り、2人は仲良くなる。気を取り直した音は次の指名客の席に向かうと、そこには鉄男の姿があった。そして、お互いを見て驚く鉄男と希穂子。

 実は、鉄男と希穂子は元恋人だった。しかし、鉄男に新聞社の社長令嬢との縁談が持ち上がったため、希穂子は東京に出てきたのだった。

 音のバイト最終日。鉄男はカフェーを訪れて、希穂子に話をしたいと伝えるが、「話すことは何もない。あなたが重荷になったから福島を離れただけ。迷惑だ」と言われ、放心状態でカフェーを後にした。

 古山家では、久志を招いて鉄男の失恋慰め会を開催。そこで、鉄男が久しぶりに書いたという「福島行進曲」を見せると、2人は感動し、歌詞にいたく共感した裕一は「この歌詞に曲をつけさせてほしい」と懇願する。そして、すぐに曲を考えて廿日市に提出すると、あっさり通り、裕一の初レコードが発売されることとなった。

―――

 音は、人妻・学生・女給の三役で、クタクタになりながら学校に通っていた。そんな音に音楽への熱意を感じず激怒した千鶴子は、「強欲なあなたには絶対に負けない」と宣言。まさかの言葉にショックを受けながらも、音は最終審査への練習を重ねた。

 ある日、喫茶バンブーで譜面を読んでいると、オーナー夫妻が裕一の初レコード発売のお祝いパーティーをしようと提案する。そこで、音は久しぶりにカフェーに向かい、希穂子にパーティーに出席してほしいと伝えた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ