独居老人を死に追いやる“病原菌まみれ”のゴキブリ&ネズミ…死亡現場のおぞましい実態の画像1

「Getty Images」より

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。実は、この新型コロナの最前線で消毒作業に当たっているのが、孤独死などの清掃に当たる特殊清掃業者だ。人間を襲うのは、コロナだけではなく、ネズミ由来の感染症やカビなど多岐に亘る。“コロナ孤独死”ともいえる事例が多発するなか、人を殺す数々のウイルスや細菌由来の恐るべき感染症について特殊清掃業者に語ってもらった。

コロナ孤独死の恐怖

独居老人を死に追いやる“病原菌まみれ”のゴキブリ&ネズミ…死亡現場のおぞましい実態の画像2
『超孤独死社会特殊清掃の現場をたどる』(菅野久美子/毎日新聞出版)

「実は、もう我々の業界ではコロナ孤独死ではないかという疑いのある事例が出始めています。日本政府が出した感染者数や病院などが出した病名は、もとから疑っていました。それを前提にシュミレーションしていたんです。この状況だと誰にも知られずにコロナで死んでいく人たちがいてもおかしくないですからね」

 そう語るのは、神奈川県で特殊清掃業を営む上東丙唆祥だ。特殊清掃業は死者が出ると、特に夏場はすぐに室内に入り清掃作業を開始することになる。そのため感染リスクにさらされやすい。

 東京都の市営団地に住む90代の女性は自宅で孤独死しているのを、駆けつけたレスキュー隊に発見された。女性は2~3日前に体調が急に悪くなったことを近所の住民に相談していた。しかし、容体が急変し、テーブル横で倒れてそのまま呼吸が止まったようだ。女性の部屋は、整然としていた。しかし、窓ガラスには、急を要すると判断した警察が割って入ったのか、ヒビがジクザクに入っていて生々しかった。

「この事例は、コロナ孤独死ではないかと思って徹底的に慎重に作業しましたね。徹底的に消毒しました。目に見えないウイルスはかなり用心しないと大変なことになります。自宅や路上での正式な感染者数が発表されていないだけでなく、死者にも検査を行っていない以上、どうしても今の時期は、コロナを疑って消毒などを行っています」

 上東は、人と人との接触だけでなく、モノに付着したウイルスにも要注意だという。ウーバーイーツなどの出前やトイレのドアノブ、そして買い物袋に入れた食料品なども消毒する必要がある。人と人との接触だけが注目されがちだが、その人が触ったモノも疑うことが、特殊清掃業者の感染症予防の基本なのである。

ネズミが媒介する感染症

 一般的に特殊清掃というと孤独死などで部屋で亡くなり、遺体は数日~数カ月放置されていて、なんらかの病原菌が原因で亡くなったことで遺体に感染症リスクがあると考える人が多いだろうと思う。代表的なものとして、肝炎、HIV、結核、下痢、ノロウイルス、インフルエンザである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ