NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

日本で新型コロナ死亡者が圧倒的に少ないのは「和食」が要因と考えられる理由

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

日本で新型コロナ死亡者が圧倒的に少ないのは「和食」が要因と考えられる理由の画像1
「Getty Images」より

日本で新型コロナ死亡者が圧倒的に少ないのは「和食」が要因と考えられる理由の画像2

 上の表はコロナウイルス感染による死亡者数と感染者数の各国比較である。日本人の死亡者数は、欧米各国の死者数に比べて極端に少ないことがわかる。この点について、米国の外交誌「foreign policy」(電子版)は、「ウイルス検査を受けた人は人口の0.185%と著しく少なく、ソーシャルディスタンスのとり方も中途半端」で「日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的に死者数は奇跡的に少なく、対応が奇妙にうまくいっているようだ」とし、「結果は敬服すべきものだ」としながらも、「単に幸運だったのか、政策が良かったのかはわからない」と結んでいる。

 そして日本の死者数が少ない理由として、次の点を挙げている。

(1)他人を思いやる気持ちが強い文化

(2)握手をしない習慣

(3)衛生意識の高さ

 その他、ツベルクリン反応で陰性の人に接種するBCG(結核予防ワクチン)の摂取義務のある日本、韓国、インドなどが、その義務のない欧米諸国(ポルトガルは例外)と比べてコロナウイルス感染による死亡率が低いことを指摘する学者もいる。

 しかし、こうしたマクロ的な「生活習慣」より、細胞・遺伝子レベルで原因を究明しようとするのが“too scientific”な昨今の西洋医学である。京大、阪大、慶應大など全国の有名国立・私立大学の医学部でコロナウイルス感染症の重症化にHLA(ヒト白血球抗原)やサイトカイン(白血球から分泌される情報伝達物質)をはじめ、遺伝子がかかわっているのではないか、という研究が始められている。

 一方、英国での複数の研究は、「コロナウイルス感染症の重症化のリスクは肥満が影響している」との見解を示唆している。調査機関のICNARCも、「ICU(集中治療室)に入ったコロナウイルス感染症の患者の70%以上が肥満」と指摘している。肥満度はBMI(Body Mass Index)で表される。その計算式は以下のとおり。

・体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)である。

 身長170センチメートル、体重70キログラムの人のBMIは、

・BMI=70÷1.7÷1.7=24.22

となる。リバプール大学で1万7000人の死亡リスクを調査したところ、「BMI=30超の人は、30以下の人に比べて1.3倍」という結果を得ている。一時はコロナウイルス肺炎が重篤化し、医師団が「死亡」の発表の準備をしていたというジョンソン首相(55歳)の体重は110キログラムを超えており、BMI=35であったという。ちなみに「BMIが30以上(肥満)」の人の割合は以下のとおり。

・米国=37.0%

・英国=30.0%

・イタリア=23.0%

 日本はわずか「4.4%」にすぎない。

 去る5月13日、大相撲の三段目の力士、勝武士さんが「コロナウイルス肺炎による多臓器不全」で亡くなった。28歳の若さであった。国内での20代の死亡は初である。勝武士さんは、地方巡業や力士の引退花相撲などで演じられる「初っ切り」(相撲の禁じ手などを実技を交えて、コメディー風に面白おかしく紹介する)の名人で、5年以上も受け持っていた。誰からも愛される明朗な性格で、28歳での若死にはいかにも惜しまれる。勝武士さんは力士としては超小柄な166センチで、111キロ。だがBMI=111÷1.66÷1.66=40.3となり、力士なので当然であるが「超肥満」である。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ