医療法人仁手の会、詐欺・患者の負担金ネコババ・診療報酬水増しの疑惑浮上の画像1
医療法人仁手の会が運営する「森の歯科医院FOREST」

 悪事とはまったく縁のなさそうな、こぢんまりとしたクリニック。逗子駅と鎌倉駅の中間辺りにある。周囲は閑静な住宅街だ。近くには手作りパンを売る店がある。周囲の住民の優雅な生活ぶりが窺える。歴史を感じさせる洒落たビルの一角に、「森の歯科医院FOREST」はある。レストランの前にあるような看板があり、手書きで「子ども無料検診」「矯正相談」などの案内が書かれ、樹木のイラストまで添えられている。温かな治療が受けられそうだと期待させる外観だ。

 医療法人仁手の会は、神奈川県逗子市の「森の歯科医院FOREST」のほか、川崎市で「結の歯科医院」、横浜市で「もりの歯科医院」を運営している。仁手の会の理事長は高畠太士医師。平成17年に鶴見大学歯学部卒業、平成23年に森の歯科医院FOREST開院、平成27年に医療法人仁手の会設立と、インターネットで経歴が明らかにされている。本人の写真もあるが、患者に安心を与えそうな優しい笑顔だ。

 仁手の会の監事が、今年1月10日付けで高畠理事長に宛てた監査報告書には、温かなクリニックというイメージとはそぐわない不正が並んでいる。

 1つ目は、昨年6月14日、仁手の会は湘南信用金庫逗子支店より2500万円の融資を受けたが、高畠理事長の弟である西川英吾氏が代表取締役を務める「株式会社企業の森」に、同日、仁手の会から2100万円が振り込まれたという問題だ。

 2つ目は、年度決算時、訪問診療時の患者の負担金の未収金が、わかっているだけで160万円あまりあったという問題だ。

 3つ目は、森の歯科医院FOREST、もりの歯科医院において、訪問診療時間の虚偽報告があり、再三、注意喚起したが是正されていない問題だ。

 監査報告書を提出してから、監事はいつの間にか自分が解雇されていたことを知る。それが確かめられたのは、監事が神奈川県に情報公開を求めて開示された、昨年12月30日の仁手の会の臨時社員総会議事録によってである。

 12月30日の午後6時から7時まで開かれたとされる臨時社員総会では、第1号議案が監事の解任の件、第2号議案が新たな監事の選任の件、第3号議案が監事の社員からの除名となっている。それらはすべて可決されたと記されている。臨時社員総会は監事の解雇に関することのみが議題となったわけだが、監事本人は招集されていない。

 医療法第46条によって、監事の職務は「医療法人の業務を監査すること」「医療法人の財産の状況を監査すること」「医療法人の業務又は財産の状況について、毎会計年度、監査報告書を作成し、当該会計年度終了後三月以内に社員総会又は理事に提出すること」「監査の結果、医療法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款若しくは寄附行為に違反する重大な事実があることを発見したときは、これを都道府県知事又は社員総会若しくは評議員会に報告すること」とあり、「社団たる医療法人の監事にあっては、前号の報告をするために必要があるときは、社員総会を招集すること」と定められている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ