『VS嵐』視聴率1ケタに急落で一人負け状態…あえて新作が裏目に?リモート企画で惨敗の画像1
【TV】『VS嵐』 – VS嵐 – フジテレビ」より

 嵐のメンバーとゲストチームがさまざまなゲームで対戦する人気番組『VS嵐』(フジテレビ系)の視聴率が、内容をリモートによるゲームに切り替えた直後から2ケタを割っているという。グループの活動休止まであと半年、有終の美を飾ることはできるのだろうか?

「たとえば、4月9日のオンエアでは新ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』のキャストが登場し、玉木宏、高橋一生、松本まりか、遠藤憲一といったメンツが嵐と戦い、視聴率は世帯10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人6.9%を獲得していました。ところが、5月14日のオンエアでは、ついに対戦チームがいなくなり、番組の構造そのものが変化したのです」(芸能ライター)

 その代わり、初めて行われたのが「リモート嵐-1グランプリ」という企画だ。これは、別空間にいる嵐のメンバーがCGで集結。デビュー曲『A・RA・SHI 』のメロディがオフになった後、自らの体内時計を信じて踊り続け、サビ終了後にズレが一番少ない人が勝ちという「ダンス時計グランプリ」や、ドッキリでテレビ電話をつないだ芸能人に「スゴい!」と言わせる回数を競う「スゴい!グランプリ」など、リモートならではのゲームで対決するものだった。

「しかし、この日の視聴率は世帯9.7%、個人6.1%と1ケタに落ちました。対する裏番組の『THE突破ファイル』(日本テレビ系)は世帯8.9%、個人5.8%と肉薄。また、『プレバト!!』(TBS系)は世帯12.4%、個人7.3%と差をつけられてしまいました。

 さらに、翌週の21日も『VS嵐』は世帯8.8%、個人5.6%と下落。『突破ファイル』は10.1%、個人6.4%で、ついに逆転されたのです。『プレバト!!』は相変わらず好調で(世帯13.3%、個人8.1%)、また『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』(テレビ朝日系)も世帯11.1%、個人6.0%。つまり、『VS嵐』はテレビ東京を除く民放4局で最低の数字を叩いてしまったのです」(制作会社関係者)

 では、『VS嵐』の視聴率が落ち込んでいる原因はどこにあるのだろうか?

「まず、嵐の5人が映り込む背景の色が派手すぎて、夜7時に落ち着かない。これについては、櫻井翔の『“ウゴウゴルーガ”みたいなことできないかな?』という提案を具現化したものであることが、すでに一部で報じられています。『ウゴウゴ』は1992年から94年までフジテレビ系で放送されていた伝説的な番組で、原色を基調とするバーチャルスタジオでクセのあるCGキャラクターが躍動するという内容で、子ども向けバラエティとしては異例のヒットを記録しました。

 しかし、『VS嵐』では派手な背景が視聴者を遠ざけている感は否めません。また、これは仕方ないことかもしれませんが、メンバー同士で誰が一番ズレないで踊り切れるかという企画は、それこそ『VS嵐』という番組のコンセプトからはズレてしまっている。この番組ならではのダイナミックさがなく、小さくまとまってしまっているのも、視聴率が落ちた一因かもしれません」(同)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ