結婚の生田斗真、イケメン有名俳優と交わしていた“最低の会話”…有名女優めぐりの画像1
ジャニーズ事務所

 週末を目前に控えた5日金曜夕方、まさに“電撃婚”が世間を驚かせた。

 俳優の生田斗真と女優の清野菜名が5日、結婚したことを生田の所属事務所であるジャニーズ事務所を通じて発表した。2人は「世界中が大変な状況になり、このような時に結婚をすべきか迷いもございましたが、お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え、より一層俳優業に邁進して参りたいと決意致しました」とのコメントを発表し、ファンから祝福の声が上がっている。

 生田と清野は2015年放送の『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系ドラマ)での共演がきっかけで知り合ったとされているが、週刊誌記者は語る。

「『ウロボロス』で共演した15年にはさっそく熱愛が発覚し、その後は何度もデートの様子が報じられており、数年前からは生田のマンションで半同棲の生活を送っていたようです。生田のマンションから仕事に向かう清野の姿も目撃されており、2人は交際を隠す様子もないほどだったので、結婚も秒読みとみられていました」

 そんな生田だが、生田がプライベートで友人と交わしていたある会話を鮮明に覚えていると明かすのは、前出と別の週刊誌記者だ。

「もう10年くらい前のことですが、生田があるイケメン有名俳優Aと2人で、都内の普通の居酒屋のような店で飲んでいるところを張り込みしていたんです。お酒が回っていたAが、以前交際していた有名女優・Bの話を始め、話題はなんとAとその女優との夜の営みの話に。次第に2人は“やっぱりBの夜は最高だった”などと言い合いながら、かなり盛り上がった様子で楽しんでいるのを聞いて、“最低な男たちだな”と感じたのを覚えています」

 生田が所属するジャニーズ事務所といえば、所属するタレントの結婚には厳しいことでも知られており、昨年にアイドルグループ嵐の二宮和也が36歳で結婚したことが驚きを持って世間に受け止められたことも記憶に新しい。生田も現在35歳と、その年齢も話題を呼んでいるようだが、テレビ局関係者は語る。

「かつてジャニーズ元社長のジャニー喜多川さんがインタビューで『奨励するわけにいかないけど、適齢期になったら結婚すべき』とわざわざ言及するほど、ジャニーズではタレントの結婚がタブー視されてきました。しかし、生田と同じく俳優業がメインの風間俊介も30歳の時に結婚するなど、結婚に厳しいのはあくまで“アイドル部門”の話で、結婚が人気に与える影響が少ない“俳優部門”では、それほどでもないようです。

 生田と清野も5年も交際を続けて意思を貫いたかたちとなり、事務所としても反対する理由もないでしょう。コンスタントにドラマや映画でメインキャストをはれるタレントというのは、ジャニーズにとっても貴重な存在なので、身を固めて仕事に邁進してほしいところでしょう」

 生田と清野には幸せな家庭を築いてほしいものだ。

(文=編集部)

 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ