NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

北朝鮮、米朝合意を反故、核兵器開発推進と正面突破戦を宣言…金正恩軍最高指導部体制を構築

文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

北朝鮮、米朝合意を反故、核兵器開発推進と正面突破戦を宣言…金正恩軍最高指導部体制を構築の画像1
北朝鮮・平壌(「gettyimages」より)

 北朝鮮では朝鮮人民軍の元帥である金正恩朝鮮労働党委員長に次ぐ軍ナンバー2で制服組トップの次帥に、核ミサイル開発の最高責任者で対米強硬派の朴正天軍参謀長が任命されたことがわかった。金氏は同時に、軍の中核となる指導部メンバー97人に大将から少将の称号を授与し軍指導部を一新しており、これは実質的な「金正恩軍最高指導部体制」を構築したことになる。

 さらに、金氏は軍事称号授与の命令書のなかで、「前代未聞の厳しい難局を正面突破して社会主義強国を建設し、新たな勝利を収めよう」と述べるとともに、「国家防衛力と核戦争抑止力を一層強化し、激動した状態でも高度な戦略武装力を維持、運営すべき」と強調するなど、従来の核兵器開発路線を今後も推進することを明かにした。これは、一連の米朝首脳会談での核兵器開発撤退合意に反しており、北朝鮮が軍事的に米国に対抗する姿勢を明確にしたことを意味するものである。

 朝鮮中央通信によると、金氏は5月24日、平壌で党中央軍事委員会拡大会議を開催し、朴氏の次帥昇格のほか、核・ミサイル開発の技術面の最高責任者である李炳哲・党副委員長兼軍需工業部長を党中央軍事委副委員長に任命。軍内の秘密警察部門トップの鄭京擇・国家保衛相に大将の称号を授与した。

 3人は昨年夏からこれまで、金氏が活発に短距離戦略ミサイル発射訓練、砲兵部隊の大規模な実弾演習や軍事訓練などを実施した際、金氏に寄り添い、メモをとったり、説明をしている姿が目立っていた。とくに、朴氏は昨年9月まで軍ミサイル砲兵局長として軍事演習で陣頭指揮を執り、新型短距離戦略ミサイルの開発に成功したことで参謀長に抜擢。さらに、今回の軍事委拡大会議で軍ナンバー2の次帥に昇格し制服組トップに上り詰めたことになる。

 朴氏は昨年12月、トランプ米大統領が北朝鮮との非核化交渉に関連し、「必要があれば軍事力の行使も辞さない」と述べたことについて、声明を発表し、「金委員長が非常に不快感を持って接した」と批判。そのうえで、「米国が武力を使用すれば、われわれも任意の水準で速やかに相応の行動を加える」と警告したことで知られる。軍最高幹部とはいえ、朴氏が金氏の主張を代弁するかたちで、声明を発表することは極めて異例で、金氏の信頼が厚いことを物語っている。

金氏が軍部を完全掌握

 さらに金氏は命令書のなかで、以下のように指摘している。

「革命武力の剛勇な戦闘的気質と不敗の威力に依拠して国の自主権と尊厳をしっかり守り、前代未聞の厳しい難局を正面突破して社会主義強国の建設で新しい勝利を収めようとすることは朝鮮労働党の確固たる信念であり、揺るぎない意志である」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ