【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「LINEマンガ」は幅広く一話無料を楽しみたいユーザ向けの画像1
iOS版「LINEマンガ」アプリの起動画面

 無数に存在する無料でマンガが読めるアプリだが、メッセージや通話などでトップシェアを誇る「LINE」もマンガアプリをリリースしている。スマホを使っている人なら、メッセージだけでなく、音楽やゲーム、チケットに証券、保険まで「LINE経済圏」に属していることも多いと思われるが、せっかくならマンガもLINEでまとめたほうがお得かもしれない。

 そこで今回は、2000作以上が無料で読めるマンガアプリ「LINEマンガ」を実際に使ってレビューしてみよう。

各作品ごと1話ずつ無料なのが特徴

 いわずと知れたあのLINEが運営している「LINEマンガ」だが、ダウンロード数は2300万以上で、国内マンガアプリではトップを誇る。参加出版社・レーベルは250以上で、電子コミックストアでは38万点以上の作品が配信中だ。2015年7月からは「LINEマンガ編集部」によるオリジナル作品の連載も開始され、アプリ内での配信のみならず、全国の書店や他の電子書店でも販売されている。

 LINEマンガは、ほとんどの作品の1〜5話くらいまでが完全無料で読める。ただしこれらは、他の多くのマンガアプリと同様の仕様だろう。

 LINEマンガの大きな特徴としては、23時間ごとに1話ずつ読める「無料連載」だ。通常作品だと、1〜5話まで読み終わるとあとはコイン(1コイン1円)が必要で、1話につき51コインを払って読むのだが、この無料連載作品であれば、23時間ごとに1話が無料で読めるのだ。しかもそれが各作品で適用されるので、「1話無料×各作品」ということになる。つまり、作品を選ばなければ、1日中マンガを読んでいられるのだ。

 LINEマンガを運営するLINE Digital Frontier株式会社の発表によると、累計2000以上の作品がこの無料連載の仕組みで配信されており、LINEマンガアプリユーザーの89%が利用しているという。この無料連載のなかにはLINEマンガのオリジナル作品も多く含まれてるので、ユーザーにとっては「読んだことのない新しい作品と出会える場所」ということになり、これがマンガアプリでトップを取っている理由のひとつといえるのかもしれない。

オリジナル作品が人気ランキングを独占

 コインを無料で貯めるためには各種有料サービス、提携クレジットカードの発行などが必要で、このあたりはどうしても、他アプリ同様のせせこましいシステムとなっている。
 
 さて実際にサービスを利用してみたが、まず操作面に関しては文句なしである。縦読み、横読みは切り替えもでき、サクサク読める。お気に入り機能や検索もわかりやすい。

 1話読むごとに広告が1面に表示されるが、それも紛らわしいものではなくスワイプの邪魔になるものでもない。内容もおそらく、ターゲティング広告で読む人によって違うはずだ。(ちなみに筆者の場合は某マッチングアプリの広告が多かった)

 先述した1日1話無料もありがたい。作品によってページ数にばらつきはあるが、あまりに短いものはほとんどない。お気に入り作品を多数抱えている場合、無料で1話ずつ読んでいればあっという間に暇は潰せた。ほかのマンガアプリであれば、無料チケットがログイン時に配布されたり、そのチケットがまた数種類あったりなどしてわかりづらいが、LINEマンガは「無料」か「コイン」、と明確な点も筆者的には利用しやすかった。

 1話読むと、23時間経たないと再び無料では読めないが、ここでLINEの威力が発揮される。LINEマンガ公式アカウントを友達追加することで、23時間後の「チャージの完了」がメッセージ通知されるのだ。これでうっかり読み忘れることもない。

 さらに、作品によっては「3巻まで無料」などもあり、長くマンガを読むことができる点もよい。ちなみに筆者が見たときの無料マンガは『MAJOR 2nd』(3冊無料/小学館、「週刊少年サンデー」にて連載)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(2冊無料/集英社「週刊ヤングジャンプ」にて連載)など、メジャー作やメディア化作品も多い印象だ。

【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「LINEマンガ」は幅広く一話無料を楽しみたいユーザ向けの画像2
大ボリュームの試し読みが楽しめる無料マンガが多数

 ただ、それらを抜いておもしろくかつ人気があるのが、「LINEオリジナル作品」である。実際に総合ランキングは、1位『女神降臨』、2位『外見至上主義』というオリジナル作が独占していた。

 このオリジナル作品でも1〜5話が完全無料で、次からコインor1日ごとに1話無料という形は変わらない。しかし、LINEマンガでしか読めない作品が多いのは、他のアプリに比べ大きな魅力だ。LINE社内に編集部を置くほどなので、その内容は既存マンガと比べても遜色ない面白さになっている。個人的には大手出版社系列のアプリには少ないスプラッター系オリジナル作品が多いのも好感を持てた。

 これは動画配信サービスでいうNetflixのようなもので、オリジナルで高クオリティー作品を生み出しつづけることでシェアを独占していくという作戦で、LINEマンガは先見の明があるのかもしれない。

【確認中】マンガアプリ勝手にレビュー…「LINEマンガ」は幅広く一話無料を楽しみたいユーザ向けの画像3
総合ランキングのトップ2をLINEマンガオリジナル作品が独占
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合