“高い・遅い・面倒くさい”で苦境のサブウェイ、コロナ禍は復活のチャンスかの画像1
サブウェイの店舗(「Wikipedia」より/Kirakirameister)

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大と、それに伴う外出自粛・ロックダウンの影響で、世界経済は危機的状況に陥っている。とりわけ、消費者が外出・来店することを主軸としていた外食産業への痛手は極めて甚大だ。事実、個人経営の店などが軒並み店を閉めざるを得ない事態に追い込まれている。

 こうした動きは大手ファストフードチェーンとて例外とは言えなくなってきている。なかでも、コロナ禍以前から経営不調が懸念されていた、サンドウィッチを提供するファストフードチェーン「サブウェイ」は、まさに火の車と言えるだろう。

 本記事では、そんなサブウェイの置かれている状況を、コロナ禍以前と以後という視点から明らかにするため、『コンビニがなくなる日、どうなる流通最終戦争』(主婦と生活社)などの著書を持ち、外食産業の動向にも詳しい経済評論家の平野和之氏にお話を伺った。

コロナ禍以前から不調続きだった「サブウェイ」の経営実態

 まず、コロナ禍が起きる以前のサブウェイはどのような状態だったのだろうか。

「サブウェイは世界的に見ると、あのマクドナルドよりも店舗数の多い、世界最大の外食チェーンなんです。1991年からサントリーホールディングスの子会社として日本進出を始めましたが、2015年時には当期純損益が4863万円の赤字、16年は5047万円の赤字、17年は1435万円の赤字と3期連続の当期純損失を記録しています。さらに、2018年には、サントリーホールディングスが日本サブウェイ株式会社との提携を解消していますし、約20店舗のサブウェイを展開していた株式会社エージー・コーポレーションが2019年1月に倒産してしまっています。

 こうした不調の原因と考えられるのは、日本の食習慣、文化とは根本的に合わないのではないかということです。複雑なトッピングシステムは、ファストフードチェーン店のコアタイムである昼時に時間がない日本のビジネスパーソンらにとって、サブウェイは“ファストフード”とはいいづらいシステムとなってしまっています。また、値段もロングサイズで約700〜800円と安くない。今はコンビニもサブウェイ的なサンドウィッチを販売していますし、その味は充分美味しく、値段はサブウェイより安いですからね。また、夜が稼げないも大きな懸念点となっていました」(平野氏)

起死回生の案を出し続けていた矢先の“新型コロナウイルス”大流行……

 そんなサブウェイだが、起死回生を狙った案をいくつか実施しており、既存店舗の売り上げも上昇していたというが。

RANKING