NEW

圧巻&異次元…ユニクロを超えたユニクロ原宿店、話題の“着こなし発見アプリ”に感動

文・取材=福永全体/A4studio
【この記事のキーワード】, ,

「UT」専門フロアから続く階段で地下1階に降りると、見慣れたユニクロの売り場が広がっていた。しかし、大型店舗とだけあって、品揃えは十分。通常の店舗ではラインナップが少ない、パリのデザイナーとのコラボライン「Uniqlo U」の商品も充実している印象だった。

 そんななかで特筆すべきは、本を販売している点だろう。「UT」コラボアーティストのアートブックや古雑誌、ファッションの歴史、文化に関する本が並んでいた。説明書きを見たところ、“知る”ことで、さらにファッションを楽しんでもらいたいとの思いが込められているようだ。これもまた“カルチャーの発信”を目指す原宿店ならではの仕掛けだろう。

「Style Hint」で着こなしのサンプルから欲しいアイテムが見つかる

 そして地下1階には、最大の目玉である“着こなし発見アプリ”「Style Hint」を導入した売り場が広がる。240台のディスプレイの前には老若男女の来店客が集っていた。

 そもそも「Style Hint」とはどういったものなのか? 近くにいたスタッフに操作を教えていただく。まず検索モードの選択。アイテムを「テーマで探す」か「写真で探す」かが選べるのだという。

 例えば「#人気の着こなし MEN」のテーマをクリックすると、アプリ内で人気だというメンズ服のコーディネートがずらりと表示される。

 気になった着こなしの左下にある「ユニクロ原宿店で探す」をタッチすれば、そのコーディネートに使われているアイテムとその売り場が表示される。このシステムを使えば着こなしから逆算してアイテムを選べるので、イメージが湧きやすい。買い物の失敗も減りそうだ。

 もう一つの検索方法、「写真で探す」。こちらは表示されたQRコードをスマートフォンで読み取って使うシステムだ。ちなみに、「写真で探す」方法は、店頭に出向かなくても「Style Hint」アプリをダウンロードしてログインすれば、どこにいても利用できる。とはいえ、店頭で検索すれば見つかったアイテムをすぐに購入できるのでやはり便利だ。

 表示されたこの画面に持っている写真を追加すれば、そのコーディネートに使われているアイテムと似たユニクロの商品を提示してくれるのだそう。筆者は、ファッション雑誌を見て気に入った商品の価格を見て諦めることが多々ある。しかし、この機能を活用できれば、誌面を写した写真から、リーズナブルなユニクロのアイテムを提案してくれるので、悲しい諦め方をせずに済むかもしれない。

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合