正解のないWEBマガジン~wezzyより】

石田純一「死にそうです」夜の西麻布で酩酊報道受け、真相を説明の画像1

GettyImagesより(Sports Nippon)

 石田純一(66)が新型コロナウイルス感染からの“快気祝い”で酩酊し、マスクもつけず千鳥足で歩いていたと、6月9日発売の「女性自身」と「FLASH」(ともに光文社)が写真つきで報じた。両誌によると石田が男女6、7人と東京・西麻布のイタリア料理店で会食を開いたのは5月31日のことだそう。退院からわずか20日後のことだ。九死に一生を得たといっても、人はそう簡単には変われないということだろうか。

 石田純一は、政府が緊急事態宣言を出して間もない4月11日に仕事で訪れた沖縄で体調を崩し、帰京後に新型コロナウイルスに感染していると診断された。即入院し治療に専念、約1カ月の入院を経て5月12日に退院している。

 5月14日には自身がコメンテーターを務めるラジオ番組『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に、「しばらく自宅で経過観察をして、行動への反省と思いをかみしめます」「新型コロナウイルスの怖さとか、医療現場の様子、入院中に感じた様々なこと、語りたいことはたくさんありますが、また近く『SAKIDORI!』でお話ししたいと思います」とコメントを寄せていた。この日はスタジオに復帰という形ではなく、別場所で録音した石田の音声メッセージを流すという形がとられた。

情報提供はこちら