渡部建、スキャンダルで出演全面自粛、芸能界引退の可能性も…「女性にドS最低男」の画像1
渡部建

 タレントの渡部建(アンジャッシュ)がテレビ各局に対し、「視聴者が不快に思うようなスキャンダルを起こした」ことを理由に番組出演の自粛を申し入れたと、9日、スポニチアネックスが報じた。

 渡部がレギュラー出演する番組を持つテレビ局関係者は語る。

「渡部の所属事務所は局に対し、スキャンダルが発覚したため番組出演を自粛したい旨を伝えた一方、その具体的な理由については説明は避けたようです。ですが、局内では“やはりアレが原因ではないか”という情報が広まっています」

 渡部は2017年にかねてから交際が報じられていた女優の佐々木希と結婚し、翌18年には長男を授かっているが、結婚前に2人の交際を取材していた週刊誌記者は語る。

「東京の中目黒の店で、渡部と佐々木が知人らを交えて飲んでいる様子がしばしば目撃されていましたが、熱愛が報じられて以降はかなり警戒していたためか、会うときはいつもどちらかのマンションで、ツーショットの場面が押さえられたことは、ほとんどなかったと記憶しています」

 そんな渡部だが、佐々木と結婚前はかなりの“モテ男”として知られていたという。

「渡部さんと親しい芸人の間では、“渡部さんに落とせないオンナはいない”といわれるほどでした。基本的に付き合っている女性に対しては“ドS”の立場で、交際相手がタバコを吸ったり、何かミスをしたり、常識的なことを知らなかったりすると、バカにした態度でネチネチと小言を言ったりするみたいです。なので、渡部さんの元カノのなかには“アイツは最低の男だった”と言う人もいますよ。

 もっとも、さすがに佐々木にそんな亭主関白な態度はできないでしょうから、渡部さんは家でも素の部分をみせられずに息が詰まる思いで、心を許せる遊び相手の女性を欲しいと考えていてもおかしくはないと思います」(業界関係者)

 また、別の業界関係者も語る。

「基本的に渡部は、付き合っている女性の前で従順におとなしくしていられるタイプじゃない。佐々木との結婚生活では、かなり無理していると思いますよ。全然、渡部のキャラじゃないですから」

 そんな渡部の今後について、テレビ局関係者は語る。

「もしスキャンダルの内容が、あの佐々木希を裏切るような内容であれば、出演自粛から復活するというのは困難。さらに佐々木の所属事務所は今勢いに乗る人気俳優や女優を多く抱えるだけに、各局も事務所との関係を考えれば、わざわざ渡部を起用する理由もない。こうした事情からも、芸能界引退も免れないかもしれません」

 当サイトは2017年4月11日付記事『渡部建、後輩芸人が「スゴい肉食ぶり」を暴露』で渡部の“モテ男ぶり”について報じていたが、今回、改めて同記事を再掲する。

―――以下、再掲載―――

 かねてから交際が報じられていた女優・佐々木希とお笑いタレント・渡部建(アンジャッシュ)が9日、ついに結婚を発表した。2人は約2年前の2015年4月、「女性セブン」(小学館)などによって熱愛が報じられていたが、週刊誌記者は語る。

関連記事