NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

トヨタ「RAV4」、モデルチェンジが大成功!PHVは驚異的なパワー…トヨタの巧妙なSUV戦略

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, ,

トヨタ「RAV4」、モデルチェンジが大成功!PHVは驚異的なパワー…トヨタの巧妙なSUV戦略の画像1

 昨年フルモデルチェンジしたトヨタ自動車RAV4」が人気である。これまでの都会からオフロードまでこなす守備範囲の広さをそのままに、ややクロスカントリー性能を意識したコンセプトに衣替えした。果たして市場の反応がどうなるのかと気を揉んでいたのだが、それが大成功。販売も極めて好調のようだ。

 そんなRAV4に、PHVが加わった。PHVとは「プラグインハイブリッド」である。エンジンと電気モーターを併用するハイブリッドであることには違いはないものの、自宅のコンセントから充電する機能を加えた仕様のことである。

 100Vでも200Vでも充電が可能、つまり一旦、自宅で満充電にすれば、それだけで走行が可能であり、バッテリーの容量によってはガソリンを1滴も使わない生活をできるのが魅力である。

 もちろん、基本がハイブリッドだから、バッテリーが空になってもガソリンエンジンが始動し、充電してくれる。そのまま航続もできる。ガソリンエンジンを搭載しないピュアなEV(電気自動車)で懸念される旅先での充電も気にならない。いわばEVとハイブリッドの利点を重ね合わせた仕様なのである。

 となれば、RAV4も環境性能を意識した、財布に優しいモデルなのかと想像したくなるのも道理だ。だがRAV4・PHVは、環境性能の高さだけでなく、そのモーターパワーを走りの性能に置き換えているのが特徴だ。18.1kWhという「プリウス・PHV」の3倍近い電力を得た。これにより、EVだけでの航続距離は95km(WLTCモード)に達する。速度が140km/hを超えても、まだ電気モーターだけで走行してしまった。

 発進加速も鋭い。決してボディは軽くないにもかかわらず、停止状態から100km/hに到達するのに、わずか6.0秒だというから開いた口が塞がらない。並のスポーツカーに勝る加速なのである。開発コンセプトは「E-Booster」という。その「E」が意味するところは、「Electric」だけではなく「Enjoy」も含まれる。環境性能だけを求めて開発されたのではないことは明らかだ。

トヨタ「RAV4」、モデルチェンジが大成功!PHVは驚異的なパワー…トヨタの巧妙なSUV戦略の画像2

 操縦性も整っている。バッテリーを大きくすることの代償は、重量増にある。それが走りを悪化させる要因になる。だがRAV4・PHVでは、床下に低く、薄いバッテリーを押し込むことで、走りの悪化を抑えている。だから、コーナリングでも状態がグラグラすることがない。むしろバッテリーの質量がタイヤの荷重に再利用されているような印象だ。SUV(スポーツ用多目的車)ゆえに車高は低くないのに、フットワークも整っている。

 RAV4・PHVは、くしくも「ハリアー」とほぼ同時期のデビューである。骨格は共通だ。二卵性双生児といえなくもない。だが、一方のハリアーが都会的SUVとして洗練度を高めているのに対して、RAV4・PHVは走りの性能を高めて誕生した。

 これによって、トヨタはミドルレンジのSUVジャンルの中に、走りのRAV4とアーバン色の濃いハリアーをラインナップすることに成功したことになる。弾数の多いトヨタの強みである。

 RAV4・PHVは、ともすれば環境性能だけが取り柄だと誤解されている節があるPHVのイメージを、大きく変えるモデルになる。

(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合