生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 第4のキャリア「楽天モバイル」は、2020年4月にデータ無制限&1年間無料で華々しくスタートした。ところが、5月27日からは新たにスマホを1円でバラ撒くキャンペーンを実施している。こんなに大盤振る舞いしているのに、どうやら楽天モバイルの加入者は思ったほど増えていないようなのだ。今回はその背景を探ってみる。

楽天モバイルはどうしてスマホを1円で売るのか?

楽天モバイルがスマホを1円でバラ撒いても加入者が増えない理由とは?の画像1
(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

 2020年4月、鳴り物入りでスタートした第4のキャリア(MNO)「楽天モバイル」だが、2020年5月27日から小型スマホ「Rakuten Mini」を1円で販売するキャンペーンを開始した。

 楽天モバイルは当初、データ無制限で月額2,980円の「UN-LIMIT」プランを1年間無料にして話題となった(先着300万名)。ところが、肝心なデータ無制限はまだ未整備の自社回線のみで、ローミング先のau回線は2GBまでの制限があったのだ。さすがに現在は、au回線も5GBまで利用可能な「UN-LIMIT 2.0」に改められたが、それでも加入者は思うように増えていないようだ。

 そこで、更なる加入者獲得のため、自社オリジナル小型スマホ「Rakuten Mini」を、1円で提供するキャンペーンに踏み切ったというわけである。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ