生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 米国や英国からセキュリティ上の問題で排除されている中国のHUAWEI(ファーウェイ)。2020年6月発売のHUAWEI最新タブレットは、ついに米国のGoogleアプリ非搭載のオリジナルOSモデルとなった。もし今、タブレットを買い替えるとしたらどうすればいいのだろうか? だが、それを調べているうちに、筆者はもっと重要な結論にたどり着いてしまったのだ。それは……。

AndroidタブレットではHUAWEIが市場を独占していたが……

HUAWEIタブレットがGoogleアプリ非搭載!買い替えを検討するも意外な結論が!!の画像1
(Image:Poring Studio / Shutterstock.com)

 そもそもタブレットとは7~12インチの大画面を備えた大型スマホのようなもの。その中でも「Androidタブレット」に関しては、数年前からライバルのASUSやソニーなどのメーカーが新型を発売しておらず、HUAWEIが市場を独占している状況だ。もちろん、Lenovo「Lenovo Tab」やNEC「LAVIE Tab」、Amazon「Fire HD」なども販売されているが、HUAWEIほどのバリエーションはなくコスパもイマイチ。かといってOSが異なる「iPad」は使いにくいし、「Surface」などのWindows 10タブレットは高価なので、HUAWEI以外で筆者がおすすめできるAndroidタブレットはあまりないのである。

 そもそもタブレットは“画面が大きい”という以外のメリットが少ない。本体が大きくスマホより重いので携帯性は劣るし、主な用途は自宅でWeb画面や動画を大きい画面で見るくらいである。それに加え、ここ数年でスマホの大画面化が進んだことが大きい。かつては4~5インチだったスマホのディスプレイは今や5.5~6.5インチが当たり前になっている。このような背景もあり、筆者の中では「すでにAndroidタブレットはその役目を終えているのではないか?」という結論に至ったのである。

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合