生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 クレジットカードは不正利用されても被害は補償されるが、Suica、nanaco、WAON、楽天Edyなどの電子マネーを紛失したり盗まれた場合はどうなるのだろうか? クレカのように補償されるの? そこで今回は、電子マネーの紛失・盗難の場合の対処方法と補償について解説しよう。

交通系ICカードは記名式のみ補償が受けられる!

【Suica・nanaco・WAON・楽天Edy】電子マネーを紛失するとどうなる?補償されるの?の画像1

 クレジットカード(以下クレカ)を紛失したり盗まれた場合は、カード会社に連絡して利用停止手続きをすれば60日以内の被害は補償してもらえる。しかし、Suica・nanaco・WAON・楽天Edyといった電子マネーの場合はどうなのだろうか?

 まず、SuicaやPASMOなどの交通系のICカードは、所有者の情報を登録する「記名式」と登録のない「無記名式」の2種類があり、記名式だけが補償対象となる。記名式の場合は駅の窓口で利用停止の手続きすればその時点での残高が補償される。残念ながら利用停止前に不正利用されたお金は補償されない。

 また、SuicaやPASMOの場合は、再発行手数料(520円)+デポジット(500円)=1,020円がかかる。なお、クレカ機能付の場合はクレカの利用停止手続きも行うこと。また、モバイルSuicaは携帯電話会社ではなく、モバイルSuicaコールセンターに連絡して利用停止&再発行手続きをする必要がある。

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合