NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

中年男女の4割が不倫経験あり…渡部建を批判する人が知っておくべき3つの数字

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

中年男女の4割が不倫経験あり…渡部建を批判する人が知っておくべき3つの数字の画像1

 アンジャッシュ渡部建さんの不倫が「週刊文春」(文藝春秋)に掲載され、渡部さんは活動を自粛してレギュラー番組やCMを降板する事態に発展しています。

「あれだけ美人の奥さんとお子さんがいるのに」と妻の佐々木希さんを気遣いながらネット民の怒りは渡部さんに向かっています。メディアの報道も同様で、渡部さんの行為に関してはほぼ擁護の余地がないような状態になっているわけです。

 さて、読者の皆さんもご存知かもしれませんが、私は経済評論家であると同時に地下クイズの専門家でもあります。地上波で流れる普通のクイズ番組ではなく、芸能スキャンダルや事件・犯罪のようにアンダーグラウンドの話題を取り扱うのが地下クイズというジャンルです。そして今回のような不倫騒動は地下クイズの定番ジャンルでもあります。

 そこで今回の記事では、地下クイズ王でありビジネスと社会学の専門家でもあるという立場から、渡部さんを批判する世論のメカニズムを解明してみたいと思います。キーワードは不倫に関する3つの数字です。

ファクト1:不倫を許容する人は15%しかいない

 あなたは有名人の不倫についてどう考えますか? 私はあえていえば「そんなの関心ない」という立場です。どうでもいいことだと思ってますし、実際に地下クイズでもこのジャンルは私は関心が低いせいであまり強くありません。

 不倫についての世論調査がいろいろあるのですが、だいたい世の中の2割の人は私のようにこの問題についての関心がないようです。逆にいえば世の中の8割はこの問題に結構な関心を持っている。これが不倫問題がメディアで盛り上がるポイントです。

 では、その関心が高い8割の人たちが「不倫は悪いことなのか、それとも良いことなのか?」どちらの考えなのかということですが、そういった人たちの実に85%は「不倫は悪いことだ」と考えています。

 ここが不倫バッシング現象の最大のポイントで、不倫の問題が持ち上がると視聴者や読者の関心が高く、それを叩く人の数が圧倒的に多数派になるわけで、番組や記事の論調はそれを反映することになります。

 ところがこの話とは一見正反対に見える事実もあります。日本は世界の中でみると上位10位に入るぐらい不倫に関しては寛容な国だという事実です。世界でもっとも不倫に寛容な国はフランスですが、日本も数字で見ると実はフランスと同じくらい不倫に寛容な国なのです。

 リスト教にしてもイスラム教にしても、不倫は宗教的に認められていないこともあり、世界の他の国々の不倫に対する目は日本以上に厳しいのです。そして先ほどの85%という数字の残りである15%が不倫を許容する考えを持った人の数なのですが、この程度の数でも世界全体から見れば許容率が高いほうだということなのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合