松本潤、前田敦子、石原さとみ、綾瀬はるかも玉砕!惨敗リメイクドラマ6作品の画像1
2004年にフジテレビジョンより発売された『古畑任三郎 3rd season 1』 のDVD版ジャケット。伝説の『古畑任三郎 vs SMAP』も収録されている。

 1994年4月から2006年にかけて全42作品(スペシャル版を含む)が放送された大ヒット刑事ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)が、新キャストでリメイクされるという噂が流れている。同じく三谷幸喜が脚本を担当し、田村正和が当たり役とした古畑任三郎役は阿部寛とオダギリジョーが有力候補で、西村雅彦が演じた今泉慎太郎役は大泉洋に絞りこまれたとの報道もあった。

 SNS上では、このキャスティングに対し賛否両論が飛び交っており、古畑役に上記2名ではなく堺雅人、木村拓哉などを推す声もある一方で、「古畑役は田村正和以外に考えられない」という意見も目立つ。

 こうした人気ドラマのリメイク作品は、最初からタイトルの知名度、作品に対する注目度が高いというプラス面がある。一方で、どうしてもオリジナルと比較されてしまうため、Webで叩かれやすい、視聴者に見放されやすいというマイナス面もある。

 このプラスとマイナスが差し引きされた結果、視聴率はオリジナルを大きく下回る場合がほとんど。そのためリメイク作に出演することは、俳優にとってリスキーな行為だともいえ、オファーがあっても断っている大物俳優もいるかもしれない。

 ということでここでは、“オリジナルを超えられなかった人気ドラマのリメイク作品”を取り上げたい。なお、三浦綾子原作の『氷点』や、山崎豊子原作の『白い巨塔』のように、著名な原作ありきで、放送局、放送形態、スタッフを変えて何度もドラマ化されている作品は除外する。

AKIRA主演の『GTO』には「これじゃない」の声殺到

松本潤、前田敦子、石原さとみ、綾瀬はるかも玉砕!惨敗リメイクドラマ6作品の画像2
2013年にTCエンタテインメントより発売された『GTO 秋も鬼暴れスペシャル! 』のDVD版ジャケット。

 藤沢とおるのコミックを原作とし、反町隆史主演で1998年に放送された『GTO』(フジテレビ系)は、平均視聴率 28.5%(ビデオリサーチ調べ、以下同)という大人気ドラマだった。最終回には35.7%もの高視聴率を記録し、翌年に映画化もされている。なお、のちに夫婦となる反町と松嶋菜々子が出会った作品でもある。

 この『GTO』は、2012年にキャスティングを一新してリメイクされることになる。反町が演じた主人公の鬼塚英吉役は当初、元KAT-TUNの赤西仁が内定していたとされる。ところが赤西の降板により、EXILEのAKIRA主演に。AKIRAにとっては連続ドラマ初主演作となった。また、松嶋菜々子が演じた冬月あずさ役には、瀧本美織が起用された。

 SNSで「これじゃない」と散々ツッコまれたこのリメイク版『GTO』は、数字的にはオリジナルの足元にも及ばなかった。ただし、全11話中、最低が第5話の11.5%と1度も10%を割ることなく、平均視聴率は13.2%。実は“大惨敗”というほどではなかったのである。むしろ、「反町&松嶋」と「AKIRA&瀧本」の出演時のネームバリューを比較すると、十分に成功といってもいい結果かもしれない。

藤木直人&上戸彩の『高校教師』は宮崎アニメに潰される

松本潤、前田敦子、石原さとみ、綾瀬はるかも玉砕!惨敗リメイクドラマ6作品の画像3
2003年にポニーキャニオンより発売された『高校教師』の DVD-BOX版ジャケット。

 1993年1月8日から放送された、高校の男性教師(真田広之)と女子高校生(桜井幸子)との許されない恋を描いた『高校教師』(TBS系)は、平均視聴率 21.9%のヒット作。特にラスト数話で数字はグングン上がり、最終回では33.0%を記録する。

 約10年後の2003年に、藤木直人と上戸彩が出演した同じ『高校教師』というタイトルのドラマが放送された。ストーリーも異なり、前作と同じ登場人物(京本政樹演じる教師)もいることから続編という体裁だったが、男性教師と女子高校生の悲劇的な恋愛をモチーフとするのは同じであり、実質、リメイクといってよかった。

 この作品、話題性は十分だったが、初回の14.9%を最後に、視聴率は上がることはなく平均 10.8%と前作の半分程度にとどまった。なお、最低視聴率だった第3話(6.4%)は、同時間帯に日本テレビ系で『千と千尋の神隠し』の地上波初放送があり、46.9%という怪物的な数字を弾き出したという悲劇もあった。

『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)は、出演者を変えて同じ枠で何度もドラマ化されている。連続ドラマとしては最初の堂本剛主演版がもっとも視聴率が高く、1995年の第1シリーズが平均23.9%、1996年の第2シリーズが22.4%と大ヒット作の部類だ。続く2001年の松本潤主演版は平均13.7%。2014年に放送された山田涼介主演版は10.5%だった。なお、松本版と山田版の間に、亀梨和也主演版が2005年にスペシャルドラマとして1本だけ制作され、これは18.6%だった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事