NEW

収入激減のタクシー業界から“逃げ出す”運転手が続出…東京五輪中止なら年収300万円台に?

文=前川佳樹/ライター兼タクシードライバー
【この記事のキーワード】

, , , ,

収入激減のタクシー業界から逃げ出す運転手が続出…東京五輪中止なら年収300万円台に?の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルス蔓延により、日本経済への影響は計り知れない事態となっている。特に観光、宿泊、運輸交通、外食、イベントといった、人々が外出しない限り利用されないサービスが致命的な打撃を受けているのは既報の通りだ。

 タクシードライバーの給与は売り上げに対する完全歩合がほとんどで、乗客がいなければそのまま給与に跳ね返る。いくら走っても客を乗せられなければ収入に結びつかず、ついには最低賃金の支給にとどまる。

 私は現役タクシードライバーとして、東京都心で乗務している。コロナ前はアベノミクスによる大企業の好業績と株高に支えられ、日中は仕事回りや富裕層の移動需要、また深夜はサラリーマンなどの飲み会需要に加え、企業の接待を受けた長距離客も存在し、労働時間に対する収入はかなり恵まれていた。

 タクシードライバーは、資格や能力のない中高年であっても比較的なりやすい職業である。東京都心であれば平均年収は450万円前後と悪くない。年金受給者や独身者など、お金をあまり必要としない人がのんびり働くこともあれば、家庭持ちで稼がなければならないドライバーの場合は平均年収500~550万円ほども可能だ。

 しかし、この安定した収入も、コロナ禍によってことごとく破壊されてしまう。外出自粛要請と同時にタクシー利用者がかつてないレベルで減少し、4月の東京のタクシーの合計売り上げは、業界紙「東京交通新聞」によると前年同月比で約35%。歩合給で成り立つタクシードライバーの収入に直接跳ね返ることになった。コロナショックに襲われた多くのドライバーが、最低賃金レベルの収入に落ち込んでしまったのである。

売り上げ3分の1に激減で手取り10万円台に

 私は4月上旬のタクシー乗務において、この数字を実感した。

 以前は、都心を走っていれば早くて5分、遅くても20分で乗客を見つけられたが、外出自粛要請下では、とにかく見つからない。あきらめて駅やホテルで客待ちをしても、1時間以上かかることもままあった。

 コロナ前は朝8時から翌午前4時まで走って6~7万円の売り上げがあったが、同じ時間を走っても2~3万円にまで落ち込んだ。しかも、新型コロナに感染するリスクも加わったので、労働内容に対してまったく割に合わない状況であった。

 一般のタクシードライバーは朝~翌明け前と1日通し勤務(昼~翌昼頃もあり)を月12回乗務する。仮に1回平均6万円の売り上げで歩合率が東京のタクシー会社平均の6割とすると、1回あたり3万6000円、月12日で総支給額は約43万円となる。しかし、これが約3分の1になれば、計算上は15万円弱になってしまう(実際は最低賃金との関係でもう少し多い金額になる)。

 さすがにこの状況はタクシー業界としても見過ごせなかったようで、極度の需要低下と新型コロナへの感染リスクに危機感を持った都内大手タクシー会社を中心に、4月中旬以降、ドライバーを休業させ、タクシー台数も半減させて、需給バランスを改善する取り組みが行われた。