NHKも参入の「テレビ見逃し配信サービス」料金や使い勝手を徹底比較!フジが高コスパ?の画像1
NHKプラス – Google Play のアプリ」より

 NHKのネット同時視聴&見逃し配信サービス「NHK+(プラス)」が4月から本格的にスタートした。テレビ番組のネット配信サービスはテレビ各局が立ち上げているが、複雑化していて非常にわかりにくいのが実情だ。また、4月からはテレビ朝日とKDDIが主導するオンデマンドサービス「TELASA(テラサ)」も始まるなど、まさに乱立状態となっている。

 どのサービスも、登録して課金することで過去の番組などを視聴できる「オンデマンド」と呼ばれるスタイルだが、テレビ業界特有なのが、放送から1週間以内であれば無料で視聴できる「見逃し配信サービス」がある点だ。

 各局にオンデマンドサービスと見逃し配信サービスがあり、「Paravi(パラビ)」のようにTBSとテレビ東京が協力しているチャンネルもあったり、各サブスクリスプションサービスにもそれぞれ番組を供給したりしているため、どの局の番組がどのサービスで見られるのかがわかりづらい、ややこしい事態になっている。

 まずは、各テレビ局の配信サービスを整理してみよう。

NHK

 NHKは現在、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の2つのサービスを展開中だ。

「NHKプラス」は無料(ただし、NHK受信料を支払っている場合に限る)で、放送から7日以内の番組が視聴できる「見逃し配信」に加え、パソコンやスマホで、今放送しているNHKの番組を同時視聴できる。簡単にいえば、パソコン・タブレット・スマホなどのデジタル機器で最新のNHK番組を見ることができるサービスだ。

「NHKオンデマンド」は地上波と衛星波で放送された番組を約500本配信している。さらに、アーカイブから『龍馬伝』『あまちゃん』などの名作ドラマや『NHKスペシャル』『プロフェッショナル 仕事の流儀』などのドキュメンタリー作品など、約7000本の名作番組も視聴可能だ。

「NHKオンデマンド」では、すべてのラインナップが視聴可能な月々パック(月額990円、税込み/以下同)、単品購入(1本110~330円)の有料視聴がある。

日本テレビ

 日テレでは、見逃し配信として「日テレ無料TADA」、オンデマンドとして「Hulu」がある。

 見逃し配信の「TADA」は無料で、日テレとBS日テレの番組の最新話をパソコンやスマホで視聴できる。多くは1週間~10日間の期間限定で配信され、定期的に『14才の母』『獣になれない私たち』など過去の人気ドラマも一部エピソードを無料配信している。

 一方、オンデマンドサービスの「Hulu」はアメリカ発の動画配信サービスだ。2011年に上陸後、14年に日テレ傘下となった。日テレはもともと「日テレオンデマンド」というサービスを運営していたが、現在は「Hulu」に一本化されている。

 月額1026円で、日テレの番組を含め、国内外の映画や「Hulu」オリジナル作品などの視聴が可能。『進め!電波少年』『名探偵コナン』シリーズ、『あなたの番です』など、過去のバラエティ番組やドラマも幅広く揃っている印象だ。

 また、日テレが制作したドラマのスピンオフ作品やオンデマンド限定番組も配信され、会員数は200万人を突破している。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ