クラシックオーケストラ、活動再開へ試行錯誤…密集しての演奏、感染リスクを科学的に検証の画像1
「Getty Images」より

 国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ)が、21日から新作放送を再開することになったと発表されました。「あれ、これまでもずっと放送していたよ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて5月17日から新作の放送を休止していたのです。それが、現在の収束状況を鑑みて、制作活動を再開できることになったとのことです。

 そういえば、最近の『サザエさん』は、絵が少し古いような気がしていました。アニメだけでなく現在、ドラマやバラエティをはじめ、テレビ局は以前放送した番組を再放送していることが多くなっています。それはそれで、見損なった番組や好きだった番組の再放送を観ることができて楽しんでいましたが、そろそろ新しいものを観たくもなってきました。つまり、再放送も限界に近づいてきたのだと思います。 

 オーケストラも活動自粛により、3月からは通常の演奏会を開催できない状況です。しかし、オーケストラはライブ演奏なので、テレビ局のように古い映像を引っ張りだしてきて、なんとかやり過ごすことなどできません。オーケストラがなければ音ひとつ出せない指揮者の僕にとっても、この4カ月間は一生思い出したくもない時間となりそうです。

 オーケストラコンサートには1000人から2000人程度の観客が集まりますし、オーケストラ自体も、特に弦楽器などは2人がひとつの譜面台を共有するなど楽員はステージ上で密集して演奏します。音響学的にも密集して演奏したほうが良い音が出るといわれていますが、今の状況下、それが大きなネックになっていました。

 余談ですが、実際にあまりにもお互いの奏者が近づきすぎると、周囲の楽員の音で、自分の音がわかりづらくなってきますし、弓を操って演奏する弦楽奏者にとっては、腕が当たってしまいそうで安心して弾くことができません。トランペットや打楽器の大きな音が、耳のすぐ横で鳴り響いたら、演奏どころではなくなるでしょう。このように、奏者にとってはステージの楽器配置は大切です。そこで、実際に椅子を並べて配置を決めるステージマネージャーと演奏者の間で、秘かな戦いが起こるわけです。

 たとえば、マーラーの交響曲のように、ステージにたくさんの楽器を乗せなくてはいけない場合などは、ステージマネージャーは精密機械の設計図のように舞台の図面を書いて、限られたスペースの舞台になんとかすべての楽器を配置しようと現場にやってくるので、お互いの事情がぶつかります。ヴァイオリン奏者のクレームを受けて少しスペースを確保した次の瞬間、その後ろにいる打楽器奏者から「我々はどこで叩けばいいんだよ。狭すぎて叩けないよ」と、文句が出てきます。「良い演奏をしたい」という演奏家の真摯な気持ちを理解しつつ、現場の事情を鑑みながら、なんとかステージに全員乗せて、何食わぬ顔で指揮者を迎えるのが、ステージマネージャーなのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合