プロ野球が開幕!コロナ禍で特別ルールだらけ&超過密日程…得する球団・損する球団を検証の画像1
日本野球機構HPより

 ようやくプロ野球の季節がやってきた。当初は3月20日予定だった今年のシーズン開幕は、新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れとなる本日、幕を開ける。延期を重ねるなど紆余曲折を経て、開幕に漕ぎつけたかたちだが、今年は例年とは異なり、いくつかの特別ルールが採用されている。そんなコロナ禍のシーズンが各球団に与える影響は多方面にわたる。

 大きな変更点を挙げれば、延長が10回まで(従来は12回まで)、シーズンは120試合制(同143試合)、出場選手登録人数は31人(同29人)、外国人選手の登録枠は5人(同4人)となったことだろう。そのほかにも、出場登録の抹消や登録など細かい変更点もある。そして、順位に強く影響を及ぼしそうなのが、ほぼ毎週6試合を消化するというスケジュール面だ。野球解説者は、その影響をこう語る。

「近年は試合数が増加しても、試合間隔は比較的ゆとりを持って組まれていました。それが今年は、ひと昔前までの“死のロード”と呼ばれたような過密日程で試合をこなさないといけない状況です。特に投手陣、もっと言えばリリーフ陣への負担が大きいシーズンになります。そういった意味では、戦力の層が厚く先発投手陣の駒が揃っているチームが上位に来る可能性が高いといえるでしょう。外国人登録枠が増加する関係で、外国人の質も例年より大きなウエイトも占めると考えられます」

巨人と阪神、ソフトバンクと楽天を優勝候補に推す声が多い理由

 すでに多くの野球解説者たちが予想順位を発表しているが、セ・リーグで多く優勝候補に挙げられているのは読売ジャイアンツ(巨人)と阪神タイガースの2球団。パ・リーグでは福岡ソフトバンクホークスと東北楽天ゴールデンイーグルスとなる。その理由はどこにあるのか。前出の解説者が続ける。

「セ・リーグは、今年に関しては例年よりも戦力が拮抗しています。正直、どこの球団が優勝してもおかしくありません。そんななかでも巨人と阪神は投手陣の層が厚く、面白い若手も出てきています。巨人は山口俊(米トロント・ブルージェイズ)、阪神はラファエル・ドリス(同)、ピアース・ジョンソン(米サンディエゴ・パドレス)の抜けた穴が大きいですが、セ・リーグはどの球団も昨シーズンの主力が抜けている点は同じです。編成面を考えると、過密スケジュールを乗り切る上でも替えが利く選手がおり、投手陣に不安が少ないのがこの2球団です。

 広島(東洋カープ)はドラフト以外ではめぼしい新戦力がおらず、上積みが少ない。横浜(DeNAベイスターズ)は、筒香嘉智(米タンパベイ・レイズ)の抜けた穴は簡単に埋まらないでしょうし、投手陣が未知数です。東京ヤクルトスワローズも、バレンティンが抜けてドラフトで即戦力投手は補強したものの、計算しづらいチームです。

 中日(ドラゴンズ)も打線は強力で投手陣も若手が出てきていますが、シーズンを通して先発ローテーションを回せるかは怪しいところです。外国人の質という意味でも、5枠への増加の恩恵を受けるのは、金銭面で余裕がある巨人と阪神でしょう。特に阪神の新外国人は例年になく“当たり”の予感がしますし、貧打が解消されれば久しぶりの優勝が見えてきます。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合