『M 愛すべき人がいて』業界関係者が語る田中みな実らの過剰演出の本当のワケの画像1
テレビ朝日系にて毎週土曜夜に放送中のドラマ『M 愛すべき人がいて』公式サイト

 緊急事態宣言が解除され、撮影を再開する現場が増えつつあるドラマ業界。コロナ禍で撮影が止まりしばらく放送休止に追い込まれていた連ドラが多いなか、先んじて放送を再開したのが『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)だ。

 本作は浜崎あゆみの半生を描いた原作小説をもとに、人気放送作家の鈴木おさむが脚本を担当。この原作は、浜崎あゆみをデビューさせ、カリスマ的存在にまで大ブレイクさせたエイベックスの創設者・松浦勝人氏が、実は浜崎あゆみのプロデューサーだけではなく恋人でもあった、ということを初めて明かしたことで話題になった。

 いざドラマが始まると、「90年代の描写がヤバすぎる」「大映ドラマ的なノリが最高」「アユ役の安斉かれんの棒読みがすごいけど、それもアユっぽい」など、SNS上では最初から大盛り上がり。1カ月ぶりの再開はどのような評価だったのか。あるテレビ誌の記者は次のように語る。

「1カ月ぶりの再開となった第4話は視聴率が4.5%と、前回より0.1%の微増。オンエアが止まっている間もABEMA(4月にAbemaTVより改称)で全話がアーカイブされていたり、伊集院光と古市憲寿による副音声リミックスバージョンも見られたことなどが功を奏し、視聴者が離れなかったという印象です。

 久々に見た第4話でも大映ドラマのノリは健在で、とくに秘書役の田中みな実さん演じる、眼帯姿の秘書・礼香の暴走ぶりがより激しくなっていて、ドラマを引っかき回していました。また、礼香がなぜ眼帯姿になったのかについても今回初めて描かれていて、ネットでは大盛り上がり。ちなみに、礼香が主演のスピンオフドラマ『L 礼香の真実』もABEMAでオンエア予定なので、まだ謎が隠されているのかもしれません」

スマホ視聴の増加で過剰な演出を意識したドラマ『M』

 確かに本作では、これでもかと畳み掛けられるオーバーな演出や意味不明の効果音、誇張しすぎのキャラクター造形など、往年の大映ドラマ『スチュワーデス物語』や『スクール☆ウォーズ』を彷彿とさせるシーンが散見される。さながら“令和の時代によみがえった大映ドラマ”といった仕上がりである。

「もちろん、眼帯姿の秘書がアユの足を引っ張りまくるエピソードなど原作には存在しないのですが、そこは鈴木おさむさんならではの脚色。以前、おさむさんは『奪い愛、冬』(2017年、テレビ朝日系)、『奪い愛、夏』(2019年、AbemaTV)という過剰にドロドロしまくった“ドロキュン恋愛ドラマ”を手掛け、ヒットさせました。

 今やスマホでドラマを見る視聴者が多くなり、大型画面のテレビと比べるとどうしても集中力が続かなかったり、ながら見が多い。そのため、よりわかりやすくより過剰な作風がウケるということを意識しているんだと思います。今回の『M 愛すべき人がいて』もテレビ朝日とABEMAの合同制作ですし、スマホ視聴者を取り込むべく、原作のストーリーは生かしつつ、ドロキュン恋愛ドラマの手法を入れ込んだのでしょう。

 もちろん、『松浦氏と浜崎あゆみのラブストーリーをそのまま真面目に映像化してもキツイ』という判断もあったかとは思います。なので、こういう“見ながらツッコミまくれるドラマ”に舵を切ったんでしょうね」(前出の某テレビ誌記者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合