手越祐也、実業家へ転身か…ジャニーズ退所の舞台裏、対面が不可能なほど関係悪化の画像1
手越祐也

 19日、元NEWSの手越祐也ジャニーズ事務所を退所すると発表された。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下に女性を伴う飲み会を行っていたことが発覚し、活動自粛中だったが、双方合意のもとで事務所との専属契約が解除されたという。独立が発表された直後に手越は公式ツイッターを開設し、今週にも記者会見を開くと事前告知するなど手際の良さを見せている。

 ジャニーズ所属の「KATーTUN」の中丸雄一は21日放送の『シューイチ』(日本テレビ系)に出演し、「普通だったらもうちょっと区切りの良いタイミングがありそうだなと思う。なんか揉めたのかなというのは想像がつきます」「唐突感は否めない」などと語ったが、テレビ局関係者はいう。

「ジャニーズのタレントが、辞めたとはいえ同じ事務所の仲間だった人間にここまでネガティブな発言を率直にするのは珍しい。腹に据えかねているのでしょう。手越にとっては“突発的”だったとはいえないと思います。事務所の優等生タレントだった滝沢秀明副社長とそりが合わないのは、今に始まったことではなく、滝沢が芸能活動を引退して子会社のジャニーズアイランドの社長に就任したあたりから薄々考えていたことなのかもしれません。今回の専属契約解消は、双方代理人を通じての合意だったと聞いていますが、お互いに顔を合わせるのを拒むほど手越と事務所の関係は悪化していたということでしょう」

 手越といえば、未成年との飲酒や人気アイドル・柏木由紀(AKB48)との温泉旅行写真流出など、スキャンダルが多いことでも知られていたが、別のテレビ局関係者は語る。

「問題を起こしても、その人懐っこい人柄で、ジャニー喜多川元社長や現在の藤島メリー泰子会長らによって守られてきましたが、ストイックな滝沢をはじめとする今の経営陣にしてみれば、コンプライアンスが声高に叫ばれるこのご時世で、手越のような危なっかしい存在を抱えているのはリスクがあり過ぎると判断したのでしょう」

 そんな手越の今後について、手越と交流があるという芸能事務所関係者はいう。

「手越は誰とでも気さくに話せて、ジャンル問わず人に好かれるタイプ。それにひと昔前の芸能人のような豪快さもある。芸能界以外にも顔が広くて人脈があるので、いろいろとビジネスの話も持ち掛けられているようです。もともとレギュラー番組も日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』くらいで、本人は芸能界に未練はなく、実業家の道を歩みたいようです。もっとも、オファーがあれば断るような人ではないので、片手間に芸能の仕事もするんじゃないでしょうか」

“スーパーポジティブ人間・手越祐也”のビジネスの手腕が注目される。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合