NEW
さんきゅう倉田「税務調査の与太話」

“優良申告法人”には税務調査が甘くなる?社長の愛人に給与支給が発覚→重加算税を賦課

文=さんきゅう倉田/元国税局職員、お笑い芸人
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了】優良申告法人には税務調査が甘くなる?社長の愛人に給与支給が発覚→重加算税を賦課の画像1
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな小説の書き出しは「これは、私がマルサだったときに、経団連の茂平というおじいさんから聞いたお話です」です。

「優良申告法人」という制度があります。一定の基準を満たして優良申告法人に選ばれれば、定期的に税務署の職員がやってくるけれど、茶飲み話をするだけで帳簿は見られないそうです(「個別指導」といいます)。これは、優良申告法人の代表取締役社長から聞いた話で、ぼくが職員だったころは制度の概要どころか、その存在すら知りませんでした。

 調べたところ、選ばれるためには、法人の所得が一定金額以上であること(話を聞いた社長は「毎年1000万円以上」と言っていましたが、地域によって異なるかもしれません)や、過去に不正がないこと、滞納がないこと、などの条件を満たす必要があります。条件は厳しいですが、法人として大変名誉な制度であり、地域に根ざした社長たちの敬意の対象となりうると思います。

 この社長は、あるグループの会長でもあったので、一般的に言われている基準に加えて、そのグループの要職に就いていることも重要なのかもしれません。

 ただ、以前は茶飲み話に終始していた優良申告法人への調査も、ほかの法人と同様に、しっかりと行われるようになったという話も聞きます。

 また、どの法人に調査に入るかは調査担当者や統括官が決めますが、優良申告法人は、統括官のみが選定できるようになっているそうです。

優良申告法人への税務調査

 中国地方のある優良申告法人に、税務調査をする旨の連絡がありました。上場企業の出資を受けている設立30年のその法人は、連続した3日間を押さえられ、そのほとんどを社長が対応しました。

 丁寧な挨拶に始まり、事業の概況を話してから帳簿調査に移りました。2名でやってきた調査担当者は、始めから聞きたいことが決まっていたようで、売上や経費を見る前に、従業員名簿を確認し、履歴書の提示を求めてきました。

 賃金台帳も確認していました。1名だけ外国人がいたので、どんな人間なのか、いつから働いているのか、業務内容は何かなど、細かく聞かれました。

 社長は正直、「しまった」と思いました。以前に調査があったときに、勤務実態のない従業員について確認され、指導を受けていたのです。その際、修正申告は求めずに、今後は是正するようにという内容でした。

 それなのに、同じ外国人に対し、いまだに給与を支払い続け、勤務もさせていませんでした。調査担当者は、もちろん、社長との関係を聞いてきました。

 なんというか、表現が難しいのですが、愛人のようなものをイメージしていただくとよいと思います。社長は結婚していないので、不倫にはなりません。ただ、「恋人」というような年齢ではなく、一緒に住んでいるわけではないので内縁の妻とも違います。それに、ほかにも会っている女性が複数います。さらに、この外国籍の女性との間に子供がいます。このような複雑な状況を適格に言い表せる言葉を、社長は持ち合わせていませんでした。

 調査担当者と顧問税理士の前で、以上の事実を正直に話しました。

 この女性のことを従業員には話していなかったので、確認のために話を聞きにいかれると困るからです。社長としての権威を失うくらいなら、修正申告をして、納税するほうがいいと判断したのです。その判断は、間違っていなかったと思います。お金は、また働いて稼げばいいからです。先の短い人生で、色狂いのように思われる方が無念です。

 かくして名誉は守られましたが、優良申告法人ではなくなってしまいました。これからは、税理士の先生と頻繁に連絡を取り、適切な処理をしていきたいと語っていました。

 社長の私的な関係者への給与は、「従業員給与」ではなく「役員給与」とされ、全額損金不算入となりました。さらに、事実の仮装があったとして重加算税を賦課され、延滞税も発生しました。優良申告法人であったとしても、社長の認識に誤りがあれば、不正の意図はなくとも、そのような処理をしてしまうことがあるようです。
(文=さんきゅう倉田/元国税局職員、お笑い芸人)

●さんきゅう倉田
大学卒業後、国税専門官試験を受けて合格し国税庁職員として東京国税局に入庁。法人税の調査などを行った。退職後、NSC東京校に入学し、現在お笑い芸人として活躍中。2017年12月14日、処女作『元国税局芸人が教える 読めば必ず得する税金の話』(総合法令出版)が発売された。

「ぼくの国税局時代の知識と経験、芸人になってからの自己研鑽をこの1冊に詰めました。会社員が社会をサバイバルするために必須の知識のみを厳選。たのしく学べます」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ