ジャニーズ事務所を6月19日に退所した元NEWSの手越祐也が22日、YouTubeチャンネルを開設した。まずは23日、20時から緊急記者会見を行い、その模様を同チャンネルで生配信するという。

 手越は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下、女性を自宅に呼び寄せて飲み会を行い、それに対して事務所から処分を受けた直後にも、六本木で女性を伴って飲み歩いていたことが報じられて活動を自粛していた。その処分に納得できなかったのか、事務所と交渉して専属契約を解除することで合意したという。

 だが、独立を発表した直後に手越は公式ツイッターを開設し、さらにYouTubeチャンネルを開設するなど、事前に十分な準備を行っていたことをうかがわせる。記者会見を生配信することが発表されると、「ライブ配信決めてくれてありがとう」「手越君の口から直接意見を聞かせてもらえるのはうれしい」と歓迎する意見も多く寄せられているが、全体的には批判の数のほうが多い。しかも、ファンとみられる人たちからの批判が噴出しているのが、特に目を引く。

「ゆうやくん。戻ってきてよ。NEWSは4人だよ」

「突然のことで全く受け入れられていません」

「手越くんが大好きな気持ちは変わらないし、応援したい気持ちも変わることはないけど、受け入れ切れない気持ちでいっぱいです」

「泣かせないって約束したのに…。てごにゃんの笑った顔が大好きでした。歌声が好きでした。メンバーといるときの表情が好きでした。ファンを想う気持ち嬉しかったです。いつまでも待っていたかったです。4人のNEWSを応援し続けたかったです。手越祐也の居場所を守りたかったです」

「無神経すぎません? あの3人がどんな思いでファンにメッセージをくれたか。 3人泣きそうになってたんだよ?」

「あなたの自粛期間中、ファンはずっとあなたを待っていました。 愛を伝えたくてこんなにも素敵な企画を制作して私は NEWSファンを心から誇りに思いましたし涙が止まりませんでした」

「ファンの気持ちをもう少し考えてください。大好きなんです。なのにこんな思いしたくないよ」

 多くのファンは手越に“裏切られた”と感じたようだ。NEWSは9人でデビューしたものの、不祥事などが原因でメンバーが次々に脱退。2011年からは4人で活動を続けてきた。その後もトラブルはあったものの、4人の結束はジャニーズグループの中でも強いほうだといわれるようになっていた。

 そんななかで手越が脱退することになり、ファンはショックを受けている。NEWSは残された増田貴久、小山慶一郎、加藤シゲアキの3人で活動を続けると発表されたが、ファンクラブのサイト上で3人が謝罪する動画がアップされ、その悲痛な声が余計にファンの悲しみに拍車をかけた格好になった。

 手越の今後については、実業家になるのではないか、ユーチューバーになるのではないか、などとさまざまな予想があるが、ユーチューバーの「シバター」は手越がYouTubeに参入することを強く牽制している。手越が芸能活動自粛を発表した直後の5月27日には、「YouTubeを“やらかした芸能人”の逃げ道にするな」と警告。6月21日には、手越と仲の良いユーチューバーの「ヒカル」に電話をかけ、手越にYouTubeをやらせないようにくぎを刺す様子を動画で公開した。

 だが6月22日、手越は「手越祐也チャンネル」を開設。これは、YouTubeへの本格参入を意味するのか。生配信で本人が今後の活動について何を語るのか、注目される。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合