NEW

Google Play Musicがひっそり終了…“音楽聞くならYouTube”へ誘導

文・取材=福永全体/A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

Google Play Musicがひっそり終了…“音楽聞くならYouTube”へ誘導の画像1
「Google Play ストア」より

 グーグルが提供している音楽ストリーミングサービス・Google Play Music(以下、GPM)が年内で終了し、グーグル傘下のユーチューブが手がけるYouTube Musicと統合されることが発表された。GPMユーザーが持っている音楽ライブラリや設定、プレイリストをYouTube Musicに移行できるツールの提供も開始し、現在は移行期間中だ。

 しかし、そもそも音楽ストリーミングサービスであるGPMを、あまり知らなかったという方も多いのではないだろうか。それもそのはず、音楽ストリーミングサービスにおいて高いシェアを誇るのはSpotifyやApple Music。GPMはそんな2強の陰に追いやられ、話題に上る機会も少なかったのだ。

 一部ではGPMの有料会員数が伸び悩んだことが、サービス終了の決め手になったと囁かれていたが、統合先のYouTube Musicも、まだまだ知名度は低い。では、今回の統合の狙いは一体どこにあるのだろうか。激変する音楽業界について綴った『ヒットの崩壊』(講談社刊)などの著書を持つ音楽ジャーナリスト・柴那典氏に話を聞いた。

サービス統合の原因はGPMの失敗…ではなかった

「まず、音楽ストリーミングサービス全般の話をしますと、2015年にApple MusicなどIT大手によるサービスが始まって以来、基本的にはユーザー数・利益ともどもすべての領域で伸びています。そしてGPMも黎明期である2015年に開始したサービスのひとつです」(柴氏)

 GPMは月額980円で、4000万曲が聴き放題。ストリーミングサービスのほかに、無料で手持ちのCDやダウンロードした音楽をクラウド上に保存しておける機能も持ち合わせていた。そんなGPMは音楽ストリーミングサービス界においてどんな存在だったのだろうか。

「月額料金も、聴ける曲数もほかのサービスと比較して大きな差異はなかったと思います。使い勝手も良く、利用ユーザーから不満の声が上がっていたとか、そういう話はあまり聞いたことはありません。特徴的なユーザー層などもなく、いわゆるフラットなサービスだったという印象です。しかし、18年にYouTube Musicが始まったことによって、ここ2年ほどはグーグル社内で似たようなストリーミングサービスが2つあるという状態になっていました」(柴氏)

 ライバルに劣らない曲数の音楽を楽しめたというGPMだが、サービスを終了させ、YouTube Musicと統合することになった。このサービス終了の狙いは「YouTubeに力を入れてサービスを拡大させるためだろう」と柴氏は分析する。

「まず、一般ユーザーにどのサービスを利用して音楽を聴いているかと質問をしたときに、SpotifyやApple Musicなどを凌駕してダントツで回答が多いのがYouTube。どんなストリーミングサービスよりもYouTubeでミュージックビデオを無料で見る、というかたちで音楽を聴いている人が多いということです。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合