JRA宝塚記念、馬主関係者の『馬連1点勝負』を無料公開!その根拠と精度とは?の画像1
馬主情報が成し遂げる一獲千金の真実!

 予断は許さないものの、新型コロナウイルスの影響で止まっていた時間が流れ始めた。無観客ながらプロ野球が開幕し、政府や自治体から出されていた営業時間短縮や休業の要請の解除、そして都道府県の移動自粛要請も解除された。また7月5日は東京都知事選挙が行われるが、小池百合子氏が再選を果たすのか、それとも話題性のある政治団体「ホリエモン新党」の公認を受けた、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏や、れいわ新選組代表の山本太郎氏に票が集まるのか、都民の判断に全国から関心が集まっている。

 前回の都知事選は小池氏の圧勝だったが、その1カ月前に行われた日本中央競馬会(JRA)の宝塚記念は、並みいる牡馬の強豪を相手に牝馬のマリアライトが優勝した。負かした相手も当時最強馬であったドゥラメンテ、キタサンブラックなど一流馬ばかり。今年の宝塚記念も牝馬が勝利するようであれば、再び都知事選の小池氏勝利の予兆となるかもしれない。

 今年の宝塚記念に出走する牝馬は、ラッキーライラックとクロノジェネシス。この2頭は4月の大阪杯でワンツーフィニッシュを決めており、宝塚記念でも中心の一角だろう。対する牡馬も強豪揃い。現役最強馬の一頭に数えられるサートゥルナーリア、有馬記念を勝利したブラストワンピース、日本ダービー馬・ワグネリアン、香港でG1レースを勝利したグローリーヴェイズなど、“打倒ラッキーライラック”へ向けて強力な布陣だ。これは選挙で例えるなら小池包囲網といったところか。

 そんな見所が揃った今年の宝塚記念だが、馬券の配当妙味も高い。このレースは例年、人気同士でも好配当となりやすいレース。過去10年すべてで万馬券が飛び出しており、1番人気と2番人気で決着しても、馬連で10倍以上の配当になったこともある。今年は実績馬が多く揃ったために、逆に人気も分散してオッズが高くなっているのだ。つまり、この宝塚記念こそ、ぜひとも馬券で勝負したいレースなのである。

 そして勝負するなら、的中はもちろん、誰よりも効率よく儲けたいもの。できれば少額の資金で大きな払い戻し、つまり一獲千金を狙いたいところである。すると、ある競馬記者から、こんな話が飛び込んできた。

「何やらある馬主関係者が、この宝塚記念で1点的中、そしてかなりの払い戻しを見込んでいるらしい」

 これは、競馬ファンはもちろん、まったくのビギナーであっても聞き捨てならない。なぜなら、競馬の1点的中はもっとも難解でありながら、もっとも効率の良い馬券投資方法であり、的中させた時の見返りが大きい、つまり一獲千金に最適な手法だからだ。さらにその競馬記者に話を聞くと、その馬主関係者の情報を完全に把握している「トップシークレット」という会社があることが判明した。

JRA宝塚記念、馬主関係者の『馬連1点勝負』を無料公開!その根拠と精度とは?の画像2
馬主が馬券で狙うのはどの馬か?

 数千万円や数億円にもなる競走馬を所有する馬主は、競馬界でもトップの権力を持つ存在。その影響力は、毎月1頭あたり70万円ほどの預託料を支払って競走馬を預ける調教師、騎乗を許す騎手、そして競馬会など、多岐に渡る。馬主がいなければ競馬は成り立たないからだ。そんな影響力を持つ馬主に、競馬関係者を通じて勝負情報が届くのは、ごく自然のことだろう。

 トップシークレットは、全国に存在する馬主関係者の情報を、馬主や馬主エージェントを通じて把握し、実際に彼らが勝負する馬券と同様の情報と買い目を競馬ファンに伝える、プロ中のプロと呼べる人たち。その存在は競馬界でも異色であり、その実力は競馬界でも抜けているといっても過言ではない。なぜなら、どんなマスコミの本誌予想でも、1点予想を看板にできないといっていいからだ。実際に週末のスポーツ紙や競馬専門紙を見れば一目瞭然。すべての本誌予想が、1点に絞れず8点前後の多点数予想を掲載しているはずだ。

 手持ちの資金を8点に分散させず1点に集中できれば、純粋に得られる払い戻しは、8点購入より8倍も多い。そんな最強の武器である「1点勝負」を看板とする「トップシークレット」に、今多くの競馬ファンが注目している。確かに誰もが納得する実績を残しているのだから、これほど心強い存在はないだろう。たとえば、昨年の宝塚記念では、勝ったリスグラシューと2着キセキの馬連1点勝負で馬連9.7倍、そして3連単は万馬券を的中させている。今年の1点勝負も多く成功させ、さらに勝負のG1レースでも安田記念、東京優駿(日本ダービー)、優駿牝馬(オークス)、ヴィクトリアマイルと、4連勝を達成しているのだ。そんなトップシークレットが語る馬主関係者の情報は必見、人によっては競馬の常識がひっくり返るかもしれない

「7月にセレクトセールという、競走馬の競りがあります。このセールでは1億円を超える馬が数多く出ますし、場合によっては3億円を超える馬も何頭か出るでしょう。今年の桜花賞とオークスを勝ったデアリングタクトも、このセールで取引された馬。ゆえに、多くの馬主がこのセールで将来のG1馬を探して落札しようと必死になっています。実際に今この時期に、馬主や馬主の指示を受けた調教師や関係者が、牧場を回って馬をチェックしていますからね。

 問題はここからです。このセールでそれなりの馬を落札するためには、手持ちの資金は数千万円では足りません。そこでこの宝塚記念を利用して、破格の払い戻しを獲得する動きがあるのです。このレースは数百億円の馬券が売れるレースですから、一部の馬主が数億円の払い戻しを手にしたとしても、外部が騒ぐことはないでしょう。

 そのために関係者を通じた情報操作、つまり狙っている馬が人気にならないように仕向けることや、その馬が好走できるように環境をつくることなど、かなりの根回しを行っています。つまり、この情報を把握していれば、宝塚記念の的中は目前といえるのです。

 我々が知る限りでは、トップシークレットはその情報をすべて把握しており、昨年の宝塚記念以上の払い戻しを狙っているようです。実際に昨年の宝塚記念でも、セレクトセールに向けた資金獲得が大成功を収めました。今年も期待できることは間違いありません。

JRA宝塚記念、馬主関係者の『馬連1点勝負』を無料公開!その根拠と精度とは?の画像3
昨年の宝塚記念も成功させた1点勝負(ファンも約50万円の払い戻しを獲得)

 また、聞いたところによると、トップシークレットはこの宝塚記念の1点情報を競馬ファンに無料で公開するとか。馬主は競馬ファンに支えられているといっても過言ではありません。この試みは歓迎すべきものでしょう。ぜひ競馬ファンにもこの感動を分かち合っていただきたいですね」

 これがリアルな馬主関係者の情報を扱うプロの見解だ。もはや難しい言葉は不要だろう。わかったことはただひとつ。宝塚記念を的中させたければ、トップシークレットの情報を利用することだ。

 昨年の宝塚記念、トップシークレットの1点情報を利用した競馬ファンは、馬連9.7倍を的中。50万円弱もの大金を手にしたという声も多かったようで、トップシークレットには、かなりの数のお礼が届いたという。そんな大一番に参加できなかった人でも、今週のビッグチャンスに参加すれば帳消しだろう。いや、むしろ今年のほうが配当妙味が高いというのだから、昨年以上の払い戻しが期待できるかもしれない。

 いずれにせよ、春競馬の総決算ともいえる宝塚記念は、ぜひトップシークレットの「1点勝負情報」を無料でゲットし、本物の馬主関係者情報とは何か、そしてその精度を体感しよう。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!宝塚記念・馬連1点勝負】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合