NEW
松本典久「山手線各駅停車」

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫

文=松本典久/鉄道ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫の画像1
高輪ゲートウェイ駅改札口

 JRグループのダイヤ改正が行われた2020(令和2)年3月14日、JR東日本に新駅が誕生した。場所は山手線・京浜東北線の田町~品川間、その名は「高輪ゲートウェイ」駅である。これら路線への新駅設置は、2000(平成12)年に京浜東北線でさいたま新都心が誕生しているが、山手線では1971(昭和46)年の西日暮里以来49年ぶりのこととなる。

 新駅が追加された田町~品川間の駅間距離は2.2キロもあった。山手線の場合、高輪ゲートウェイ駅誕生以前の平均駅間距離は1.19キロ。もちろん、この間が最長だった。新駅設置の目的は、こうした利便性を高めることにもあった。ちなみに田町~高輪ゲートウェイ間は1.3キロ、高輪ゲートウェイ~品川間は0.9キロとなっている。なお、高輪ゲートウェイ駅誕生で山手線の平均駅間距離は1.15キロとなり、現在の最長は品川~大崎間の2.0キロだ。

 一方、新駅設置には相応の用地が必要となる。田町~品川間には広大なJR東日本の車両基地(東京総合車両センター<田町センター>)があり、施設の見直しなどによってここから約13haもの用地が創出された。JR東日本グループでは、この用地を活用して「グローバルゲートウェイ品川」とするコンセプトのもとに新たな街づくりを進めている。今回誕生した高輪ゲートウェイ駅は、その新たな街の拠点として一足先に開設されたものだ。ちなみにこのプロジェクトは、2019(平成31)年4月の国家戦略特別区域諮問会議などを経て内閣総理大臣による「都市計画」決定を受けている。

 なお、車両基地が廃止されたわけではなく、現在も東海道本線や上野東京ラインなどで運転される車両の留置施設として活用されている。高輪ゲートウェイ駅のすぐわきには寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」用の285系電車などの姿を見ることができる。

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫の画像2
駅前広場から見た駅全景

車両基地の存在

 高輪ゲートウェイ駅の新設や新たな街づくりには、このように車両基地の存在が大きなカギとなっているが、これは鉄道設置時からあったものではない。新橋~横浜間で日本の鉄道の歴史が始まった当時、田町~品川間は海岸沿いに位置していた。鉄道黎明期に描かれた錦絵には鉄道が海岸沿いに走っている様子も記されているが、このような状況だった。

 その後、東京湾の埋め立てによって海岸線が移動、鉄道も内陸を走るようになる。現在の車両基地に活用された用地もこの埋め立てによって生まれている。東京湾では江戸時代から船舶の運航が行なわれているが、隅田川河口部で土砂の堆積が進み、通行に支障が出るようになった。そこで明治中期から航路を確保する浚渫工事が始まる。芝浦から品川台場外までの工事は1911(明治44)年から1920(大正9)年にかけて行われ、この浚渫土によって海岸沿いの埋立地が造成されていった。これにより田町付近~品川間の鉄道の海側に陸地ができたのだ。

高輪ゲートウェイ駅、なぜ改札口のカードタッチ部分が少し斜め?駅構内はハイテクの宝庫の画像3
駅周辺では再開発工事が進行中

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ