NEW
今井亮一「知らないと損する裁判傍聴記」

電車内で女子中学生に痴漢→線路に降り逃亡した男の裁判を傍聴してみた

文=今井亮一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

電車内で女子中学生に痴漢→線路に降り逃亡した男の裁判を傍聴してみたの画像1
「Getty Images」より

 電車内の痴漢で捕まりそうになり、線路へ飛び降りて逃走。おかげで電車がストップし、多数の乗客が大迷惑――。そんな事件がときどき報道される。「ふざけるな!」と怒り心頭の方が多いだろう。何を考えて線路へ逃げるのか。捕まったらどうなるのか。

 そういう事件の裁判を私は傍聴したことがある。事件名は「迷惑条例違反、威力業務妨害」だった。ちなみに「迷惑条例」は略称で、都道府県によって条例名は少し異なる。

 被告人は黒スーツにネクタイ姿の中年男性だ。妻子あり。男性は午前8時頃、満員電車内で女子中学生(13歳)のスカートの上から臀部を触り、スカートをまくり上げて下着の上から陰部を4、5回揉んだのだという。 

 なぜそんなことをしたのか。検察官が被告人の調書を読み上げた。以下、メモしきれなかったところは「…」でつなぐ。

調書「性癖…中学生、高校生…女の子に興味がある…被害者を見て、おとなしそうな子なので…」

 私は痴漢の裁判もだいぶ傍聴してきた。痴漢男はほぼすべて「好みのタイプ」の女性や「おとなしそう」な女性を狙う。逆にいえば、好みではないタイプや気が強そうな女性は相手にしないようだ。情状証人は被告人の妻だった。今回は離婚しないが「私もこれが最後だと思って…」と暗く述べた。尋問が終わって妻は傍聴席へ戻り、続いて被告人質問が始まった。

弁護人「線路内に飛び降りた…なぜですか?」

被告人「もう、あの、過去の…捕まったらもう終わりだなと…会社も徐々に大きくなっていたので、捕まったら終わりだと思って、ただただ逃げてしまいました」

弁護人「(鉄道会社と乗客に)大きな迷惑を…」

被告人「半分パニックになっていて、追いかけられて目の前が線路だったので、ただただ逃げました」

 欲望のままに痴漢し、捕まりそうになればただただ逃げる、目先のことに強く集中するタイプともいえる。

弁護人「逃げればいいと、聞いたんですか?」

被告人「知り合いの、弁護士さん、テレビ、とか…痴漢と間違えられたら、逃げなさいって、ま、そのことを、真に受けてしまって…」

 一般論として、もし無実でも痴漢の疑いをかけられたら、無罪が認められる可能性は低い。逃げたとしても、あらゆる場所に防犯カメラがあり、逃げのびられる可能性も低いうえ、線路へ逃げれば「威力業務妨害」の罪が加わる。

 このあたりで、傍聴席にいた妻が廊下へ出て、その後、戻らなかった。

被害を受ける女性が人格のある人間とは想像もしない痴漢犯

 被告人質問は続いた。被告人は複数の会社を経営しており、売上は年間1億円以上あったという。仕事では有能だったようだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ