元テレ朝コメンテーターの鹿児島県知事、「脱原発」から容認に転向…今度は選挙法違反疑惑の画像1
三反園訓のFacebookより

 鹿児島県知事選(7月12日投開票)が25日、告示された。前回の知事選で初当選した現職の三反園訓氏のほか、前職の伊藤祐一郎氏、元九州経済産業局長の塩田康一氏など全部で7人が立候補した。

「脱原発」を掲げ野党の支援で4年前に初当選した三反園氏は、自民と公明の推薦を受け再選を目指す。しかし、自民・公明は前回、当時現職だった伊藤氏を推薦していたので、本来ならば、三反園氏にとっては“敵”のはずである。

 今回の野党側である「5者会議」(連合鹿児島、立憲民主、社民、国民民主、県民連合)はずっと独自候補の擁立を模索していたが、結局間に合わず、一致して支援する候補は不在となった。そして、“三反園おろし”のために、伊藤氏と塩田氏に候補の一本化を要請したが、それも失敗に終わった。要するに、候補者と支援組織が前回とは入れ替わった“ねじれ”が生まれ、それが選挙戦の行方を不透明なものにしている。

 なぜ、このような候補者と支援組織のねじれが起きたのかといえば、原因は4年前の三反園氏の振る舞いにある。元テレビ朝日コメンテーターの三反園氏は、民進(当時)・社民の県組織から支援を受けたほか、原発に反対する市民団体と「脱原発」の政策合意を結び立候補した。しかし、当選してしばらくすると、九州電力川内原発をめぐる脱原発の姿勢はトーンダウンし、政策合意を結んだ支持者らを遠ざけた。県政運営では、県議会最大会派の自民党と歩調を合わせてきた。

 自民党県連会長の森山裕国対委員長は、三反園氏について「(原発や安全保障などで)相反する政策を進めていない」と評価するが、地元の自民県議や支援団体の中には冷めた目で見る人も少なくないという。なかには保守分裂を不安視する声もある。

「ウソつきをリーダーにしてはおけない」

 今回の知事選もまた、川内原発をめぐる論戦が深まるかどうかが大きな焦点の1つだ。原発の運転期間は福島第一原発事故後、原則40年となった。ただ、原子力規制委員会が認可すれば20年を上限に延長できる。これまで延長が認められた原発は4基あるが、いずれも再稼働していない。川内原発は再稼働後、運転延長を求める初のケースとなる。

「運転延長反対」など脱原発を明確にする候補は、元民放アナウンサーの青木隆子氏と内科医の横山富美子氏だが、伊藤氏や塩田氏は明らかに原発容認派だ。例えば、伊藤氏は「2041年に稼働終了させる」としている。三反園氏は20年延長についての賛否を明らかにしていない。川内原発は1号機が1984年、2号機が85年に運転を開始した。いずれもあと4~5年で運転開始40年に達する。

 原発容認派の伊藤氏と塩田氏に対して、5者会議が候補一本化を働きかけたのはなぜか。福島第一原発事故後、現地調査へいち早く動くなど、脱原発派として有名な立憲民主党の川内博史衆議院議員(鹿児島1区)に話を聞いた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合