NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

一気に普及したオンラインセミナー、受講して見えた“致命的な欠陥”…私の改善案

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
一気に普及したオンラインセミナー、受講して見えた“致命的な欠陥”…私の改善案の画像1
「Getty Images」より

コロナ禍で普及したオンラインセミナー

 新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2月下旬以降、リアルな講演会やセミナーが軒並み中止となった。筆者も、3~6月に予定していた講演会が中止や延期になった。それに代わって最近は、オンラインセミナーがあちこちで開催されている。筆者も、7月7日に『コロナ禍の半導体産業を生き抜くための羅針盤』と題するLive配信方式のオンラインセミナーを行うことにしている(詳細は文末の「お知らせ」をご参照ください)。

 そこで、「オンラインセミナーとは、どのようなものか」を知るために、次の2つのセミナーに参加してみた。

1. 6月15日(月)14:00~15:30 (株)セールスフォース・ドットコム主催

『池上彰氏と考える日本経済の未来 ~“いま”と“これから”の日本企業の在り方~』

2. 6月18日(木)15:00~16:25 SEMI Japan主催

『“【SEMI Japan ウェビナー】SEMI Japan Members Day SPECIAL”』

(注:SEMI Japanとは、日本の半導体業界団体の名称)

 この2つのオンラインセミナーを通じて、その長所と短所がわかってきた。したがって、自分がオンラインセミナーの講師となる際には、長所を生かし、短所をなくすように努めようと決意した。

 本稿では、上記2つのオンラインセミナーの概要を紹介するとともに、筆者が感じた長所と短所を論じる。結論としては、オンラインセミナーは遠隔地でもインターネット通信の環境さえあれば参加できるメリットがある半面、リアルなセミナーと同様に「講演30分、Q&A5分」としたのでは参加者は満足できないということである(少なくとも筆者は大いに不満だった)。

1.『池上彰氏と考える日本経済の未来 ~“いま”と“これから”の日本企業の在り方~』

 ジャーナリストの池上彰氏は、NHKの記者やニュースキャスターを経て、多数のテレビ番組に解説者として出演している。といっても、筆者は今まで一度も池上氏が登場するテレビ番組を見たことがなかったので、このセミナーで初めて池上氏の講演を聴くことになった。

 このセミナーに参加する動機となったのは、オンラインセミナーを体験してみたいということと、セミナーのタイトルの“日本経済の未来”および“日本企業の在り方”に引き寄せられたからである。

 セミナーの参加登録の際には、1000字以内の質問を書けるようになっていた。筆者は、コロナ禍でPCR検査の遅延が原因となって半導体工場の生産を停止した加賀東芝エレクトロニクスの事例を簡単に説明し、欧米諸国では半導体産業はエッセンシャルビジネスと位置付けられており、ひどいコロナ禍でも工場稼働を政府が支援していること、ところが日本では半導体産業がエッセンシャルビジネスと考えられていないのではないかという意見を述べた上で、池上氏に対して「エッセンシャルビジネスをどのように定義しているか?」「コロナからエッセンシャルビジネスをどう守るべきか?」ということを質問した。池上氏からの回答を期待して、セミナーに臨んだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ