NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

ドラマ『M』放送再開後に田中みな実の見せ場が急増でスピンオフ番組も…実質Wヒロインに

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

ドラマ『M』放送再開後に田中みな実の見せ場が急増でスピンオフ番組も…実質Wヒロインにの画像1
土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』|テレビ朝日」より

 4月にスタートする予定だった春ドラマの放送がジワジワと始まっている。『ハケンの品格』(日本テレビ系)、『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、『MIU404』(TBS系)などの局を挙げた大作も多いなか、「話題性の意味では独走している」と言っても過言ではないのが、『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。

 昭和の劇画を思わせるストーリー、ぶっ飛んだキャラクター、次々に流れる90年代のヒット曲など、すべてがネット上の話題となり、しかも「結局、一番おもしろい」「くだらないのに見てしまう」などと好意的な声が目立つ。

 ただ同作は4月18日の第1話から、25日の第2話、5月2日の第3話まで放送されてからコロナ禍による撮影休止によって中断していた。盛り上がり始めていた時期だけに1カ月超のブランクは痛かったはずだが、ここまでネガティブな影響は一切見られない。

 それどころか6月13日の第4話、20日の第5話は、ますます話題性が増すような内容だった。あらためて『M』は、なぜこれほど話題を集める作品となっているのか、そのポイントを掘り下げていきたい。

確信犯的な悪ノリを楽しめるか

『M』は浜崎あゆみの自伝的小説をドラマ化したものだが、あまりにも脚色の割合が大きく、もはや別の物語と言ってもいいだろう。浜崎とアユも、恋仲となる松浦勝人とマサも、まったくの別人格であり、「A VICTORY」と「エイベックス」も、まったくの別会社。似ていないどころか、名誉毀損で訴えられそうなレベルのイジリ方をしているが、ここまで、けれんみだらけにしてしまえば、苦笑いはしても、目くじらを立てにくいのではないか。

 第5話を振り返ってみても、恋愛シーンでは、FAXで熱烈な愛の告白をし、わざわざ渋谷のスクランブル交差点で抱き合い、波打ち際でバチャバチャ水をかけ合う。音楽シーンでは、プロデューサー同士がグーパンチで殴り合い、CDをお金で買い占めてランキングを上げ、ライバルが目の前で相手のCDを真っ二つに折り、CDがヒットしたらクラブでパーティーを開き、アルバムが1位を取ったら会社のロビーでお姫様抱っこをしながら「これが神様の答えだー!」と叫ぶ。

 さらに、テレビ番組に出演したアユが「アユは……」「アユは……」「アユは……」と自分の名前を連呼して、世間の人々から「絶対バカだよね」「頭悪い」とののしられるなか、ラジオで「アユと一緒にバカになろう! アユと一緒に夢を見よう! みんなアユを信じろー!」と呼びかける一連のシーンは爆笑を誘った。

 これらはすべて「ネット上の反響狙いでつくられたシーン」に見えるかもしれないが、その感覚は正しい。脚本を手がける鈴木おさむは、コロナ禍での中断中に「ツイッターなどでみなさんのリアクションを拝見させていただきました。そうしたら、ちょっと欲が出た」「さらにいろいろと激しく、かなりエキサイティングに修正しました」と公言している。

 もともと鈴木おさむはツッコミどころ満載の1980年代大映ドラマをイメージして書いていることを公言していたが、「もっとエスカレートできる=もっとバズらせられる」と思ったのだろう。つまり確信犯的な悪ノリであり、今後はますます笑いながら、ツッコミを入れながら、SNSに書き込みながら、見られるということではないか。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ