NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

高齢者による交通事故「年々減少」という事実…29歳以下、事故件数の多さ際立つ

文=鷲尾香一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

高齢者による交通事故「年々減少」という事実…29歳以下、事故件数の多さ際立つの画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言と、それに伴う外出自粛や休業要請により交通量が減少し、高齢者の交通事故多発問題はすっかり影を潜めていた。ところが6月15日、千葉県船橋市で82歳の男性が運転する乗用車が女性2人をはね、ビルの1階に突っ込む事故を起こした。そこで、高齢者の交通事故を改めて検証したところ、意外な事実が判明した。

 新型コロナの影響により今年1~4月の交通事故発生件数は劇的に減少している。

<月別交通事故発生状況>

    発生件数      前年同期比

1月 2万7523人  -3841人(12.2%減)

2月 2万7443人  -2620人(8.7%減)

3月 2万7763人  -5932人(17.6%減)

4月 2万0805人  -1万1827人(36.2%減)

 2019年4月に東京都豊島区池袋の交差点で発生した、当時87歳の男性が運転する乗用車が、わずか3歳の子どもとその母親をはね死亡させ、多数の負傷者を出した事故は大きな社会問題となり、高齢者の運転免許制度のあり方に大きな波紋を投げかけた。メディアでは高齢者の運転免許証返納が話題として取り上げられ、実際に高齢者の運転免許更新時の検査は一段と厳しいものになった。

 ところが、高齢者の交通事故を詳細に調べてみると、意外な実態がみえてくる。原動機付自転車以上の運転者が第1当事者となった交通事故件数の推移と、65歳以上の高齢者の事故の割合は、以下のようになっている。なお、第1当事者とは、最初に交通事故に関与した事故当事者のうち最も過失の重い者を指す。

<原付以上運転者(第1当事者)の交通事故件数の推移>

2015年    2016年   2017年    2018年    2019年

51万0050件 47万4776件 44万7089件 40万6755件 35万7821件

<65歳以上の高齢者の事故割合>

2015年    2016年   2017年    2018年    2019年

19.7%    20.4%     21.3%    22.1%     23.3%

 これでわかるように、交通事故件数は年々減少をたどっている一方で、65歳以上の高齢者の事故割合は、年々上昇している。これが高齢者の運転は危険だと指摘されている根拠でもある。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ