NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

高齢者による交通事故「年々減少」という事実…29歳以下、事故件数の多さ際立つ

文=鷲尾香一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

24歳以下は85歳以上よりも事故件数が多い

 だが、より詳細にデータを検証すると、別の姿が見えてくる。

<原付以上運転者(第1当事者)の10万人当たり交通事故件数の推移>(単位:人)

2015年  2016年  2017年  2018年  2019年

65歳以上  588.0   547.9   523.1   483.3   441.9

―以下、各年齢層別―

65~69歳  510.5   488.9   478.4   438.4   399.1

70~74歳  597.6   545.4   497.6   458.6   413.3

75~79歳  662.0   600.8   581.8   533.3   495.1

80~84歳  740.0   683.8   630.5   604.5   546.7

85歳以上  811.3   744.1   712.2   645.9   616.0

全年齢層   620.9   577.5   543.5   494.1   435.5

16~19歳  1888.8  1822.2   1649.9  1489.2  1251.4

20~24歳  1144.9  1070.1   979.7   876.9   754.5

25~29歳  814.1   752.7   697.4   624.0   528.0

 以上より、65歳以上の10万人当たり交通事故件数は年々減少していることがわかる。特に、全年齢層の平均件数と比較するとわかるように、74歳以下の高齢者は全年齢層を下回る事故件数となっている。

 では、29歳以下の年齢階層別の件数をみてみると、すべての年齢層で全年齢層を上回る事故件数となっている。特に24歳以下は85歳以上よりも事故件数が多く、事故を起こす確率が高いということだ。以下は、65歳以上の運転免許保有者数の推移だ。

 <65歳以上の運転免許保有者数>(単位:人)

2015年   2016年    2017年   2018年   2019年

1710万0846 1768万0387 1818万3894 1863万4865 1885万1637

 高齢化の進展とともに、65歳以上の運転免許保有者は増加の一途をたどっており、今後も増加が続くだろう。一方で“若者の免許離れ”がいわれるように、若年層では免許保有者数が減少している。

 それでも、74歳以下の高齢者の事故件数は少なく、“優良ドライバー”であることがわかる。高齢者と一括りにするのではなく、事故発生件数の多い年齢層である24歳以下や、75歳以上という対象を明確にした上で、きめ細やかな対策を取っていく必要があるのではないか。

(文=鷲尾香一/ジャーナリスト)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合