NEW
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

玄関のごちゃごちゃ解消…「下駄箱」収納術!すっきり&キレイに保つ3つのポイント

文=中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO
【この記事のキーワード】

, ,

 これは、玄関のたたきで靴の脱ぎ履きが不自由なくできること。来客時もお客様の靴が玄関にきちんと並べられることが必要なためです。このように下駄箱に合わせた適切な数を知っておき、その数をキープするということは鉄則です。

 下駄箱の収納グッズや、シーズン毎に衣替えをすることで、うまく収納することはできますが、それでも靴の数が多すぎるときは、手放さなければなりません。手放すときは、基準に沿って判断してあげることが大切です。

 まずは、1~3軍に分類します。1軍は「気づくといつも履いている」使用頻度が高い靴です。仕事で使用している靴、休日に使う履きなれたスニーカーなどです。これは手放すと生活に支障が出ると思われる靴たちです。

 2軍は、普段は使用しないが、明確な使用目的があり保有している靴です。冠婚葬祭に使用している礼靴や、いつも使っているわけではないが、トレーニング用に持っているランニングシューズなどです。これらも、手放すと使用する状況が発生した時にまた購入しなければならなくなるものです。

 1軍、2軍と仕分けていって残った靴が3軍です。つまり、普段も履いていないし、特別な使用目的もない靴です。手放すときは、当然3軍から手放すことになります。

 3軍を手放しても、下駄箱に靴が収まらないときは、1軍、2軍の中で優先順位をつけてあげる必要があります。必ず2軍から手放さなければならないわけではなく、同じような靴を複数持っていないか、使用目的に沿った状況が発生する頻度はどのくらいあるか、その靴を再度購入するときはどのくらいの価格で購入することになるか、などが判断の基準になります。

 靴の数をセーブする上でもう一つ重要なことが、新しい靴を一つ購入したら持っている靴を一つ手放すということです。当然ですが、新しいものを購入して今までのものを手放さなければ、ものは増えていく一方です。

 理想的な状態は、靴を購入するときに自分の持っている靴をすべて把握できていて、どの靴と入れ替えるかも考えながら購入するということです。古くなった靴の代わりに新しい靴を手に入れる場合は簡単でいいのですが、そうでない場合も、どの靴の代わりにするかを考えながら新しい靴を購入するようにしてください。

(2)靴は家族別、種類別に分けて、下駄箱専用の収納グッズをうまく活用する。

 まず、家族全員で使っている下駄箱であれば、それぞれの靴はできるだけエリアをきちんと決めて収納してあげてください。靴は収納した状況ではかかとなどの一部分しか確認することができず、自分の靴かどうかを確認するために引っ張り出さなければならないことも少なくありません。

 下駄箱全体の靴を把握するのは難しくても、自分のエリアにある靴、自分が持っている靴くらいであれば把握できます。自分のものを把握しやすくするためにも、自分のものは自分のエリアを見ればわかるというようにしてあげてください。

 次に、これも整理収納の原則です。種類別に分けて収納します。仕事用の革靴やヒール、休日によく履くスニーカー、雨の日用の靴など、種類別に分けて、どこに何が入っているか一目でわかるようにします。

玄関のごちゃごちゃ解消…「下駄箱」収納術!すっきり&キレイに保つ3つのポイントの画像3

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ