小島瑠璃子
小島瑠璃子

 5月31日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演したタレント・小島瑠璃子。彼女の恋愛体質な一面をタレントのSHELLYが明かし、大きな注目を浴びることになった。

 SHELLYによると小島は「なかなかの面食い」で、彼女が「男は顔だ!」と言い放つ場面に何回も遭遇したそう。さらに面食いな理由については、「ケンカしてても翌日パっと見た時にめっちゃイケメンだったら許せる」からだと説明した。

 思わぬ暴露トークに小島は苦笑いを浮かべつつ、「むかしっから面食いですね。どう考えても」と自ら告白。顔から入ってあまり失敗したことがないと話す彼女に、ネット上では「こじるりが言うと貫禄があるね」「(そもそも小島は)面食いだと思ってたから、あんまり驚きはないかな」「イケメンのほうから、わんさか寄ってきそう」などの声が寄せられていた。

 今回は小島のように、“面食いぶり”が話題になった芸能人をピックアップしよう。

坂上忍

 以前から「女は顔だ」「ブスは表に出るな」と公言しているタレントの坂上忍。彼はお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子と火花を散らしており、2人の対決を2013年放送の『爆笑! 大日本アカン警察』(フジテレビ系)がお膳立て。大久保が“女は顔じゃない派”の渡辺直美、KABA.ちゃんを率いて坂上に謝罪を要求した。

 とはいえ坂上は過激な言動の数々を振り返っても、反省する素振りを一切見せない。それどころか“ブスの基準”を尋ねられて「ビジュアル」と即答し、「心なんてどうだっていいんだよ!」「見た目が玄関なの!玄関入らなきゃ心なんてわかんないじゃん」と逆ギレする始末。謝罪しても「ごめーんなちゃい!」と誠意をこめず、ネット上で「さすがにドン引きした」「顔も大事だけど、それだけじゃないでしょ!」「言ってることはわかる。でも言っちゃダメなやつ」と、反発を招く結果となった。

久代萌美

 華の女子アナウンサーながら、猛烈な面食いアピールで話題を呼んだのがフジテレビの久代萌美。今年4月放送の『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』(フジテレビ系)に登場した久代は、番組内で行われた「恋愛相手に求める3つの絶対条件」というアンケートに、すべて“顔”と回答。明石家さんまに話を振られると、「多くは求めないんです。顔しか求めてない」と言い切った。

 あっけらかんと面食いをアピールするだけでも驚きだが、久代の隣に座った宮澤智アナウンサーが「顔さえ良ければ、身長が2cmでもいいって言ってました」と暴露。久代は別のアンケートでも「顔がタイプであれば、なんでも許せる。身長3cmでも可、借金あっても可、足がくさくても可」と答えており、ファンからは「どれだけイケメンに飢えてるんだ」「ここまで“顔が必須条件”ってアピールされると逆に清々しいね」といったコメントが続出している。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ