木下優樹菜や渡部建への過剰なバッシング、『テラハ』炎上事件…テレビ業界人の本音とはの画像1
木下優樹菜

「SNSが人を殺した」と聞くと一瞬ドキッとするが、これは忘れてはならないことだろう。

 約1カ月前の5月23日、女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで急死した。彼女は日頃、ツイッターに寄せられる見ず知らずの人々からの罵詈雑言に心を痛めていたそうで、母親の響子さんもツイッターで「正論と集団というみえない武器でふるぼっこする行為は暴力行為じゃないんですかね」(原文ママ)と綴っている。

SNSで番組の評判を気にするテレビ関係者は多い

 すでに知られている通り、木村さんはネットフリックスで配信されていた恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演しており、番組内の立ち居振る舞いをめぐって一部の視聴者から疑問の声も上がっていた。しかし、木村さんの死が伝えられると、バッシングしていた人たちのなかには、ネット上の書き込みを削除したりSNSのアカウントを消去したりして“逃亡”するケースも出ている。

 殺人や殺人未遂の容疑で逮捕された犯人が取り調べの際に「殺すつもりはなかった」と容疑を否認することがあるが、これは「正論」をふりかざして個人攻撃をするネットユーザーに対しても言えるだろう。批判的なコメントが最初はひとつだったとしても、それが1000個集まれば太く大きなナイフに変わり、対象を突き刺す武器になってしまう。そして、こうした流れはテレビ番組についても言えるという。

「今や、SNSを支持・不支持のバロメーターのひとつとして認識しているテレビマンも多いはず。私もほぼ毎日、担当番組のエゴサーチをして、どんな反応があるかを確認しています。そのなかには参考になる意見もあれば、『そもそもこういう番組が嫌い』という、個々人の価値観に委ねるしかないケースもあります。また、出演者の発言が気に食わないという批判も、その発言が倫理的にNGだったりモラルに反したりしていない限りはスルーします」(テレビ局関係者)

番組側が意図しない“韓国推し”が批判の対象に

 しかし、なかには看過できないコメントも見かけるという。

「ネットユーザーが怖いのは、番組側が意図していないのに勘ぐって攻撃するところです。特に多いのが、韓国をめぐるもの。たとえば、一時期多かったのが、韓国出身のシンガーや韓国のグルメを紹介すると、『韓国に迎合している』『韓国推し』『洗脳しようとしている』などと書き込まれるケースです。制作サイドとしてはそんなつもりはないにもかかわらず、視聴者のほうがバイアスがかかった見方をしてしまうという、非常に気味の悪い現象が続いていました」(同)

 かつて、フジテレビは番組内で韓国のドラマや著名人を過剰に紹介しているとネット上で叩かれ、この騒動が原因で視聴率が低下したとも、まことしやかにささやかれた。

 では、いつ頃からSNSはテレビの脅威になったのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ