梶原雄太が降板騒動、激怒の上沼恵美子にケンカ売る行為…芸能界を干される懸念の画像1
カジサック(梶原雄太)のInstagramより

 美しい“師弟愛”にヒビが入ったのだろうか――。

 人気お笑いコンビ、キングコングの梶原雄太が、レギュラー出演していた関西の2番組、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を6月いっぱいで降板したと、両局が明らかにした。

 この2番組は上沼恵美子がMCを務めているが、上沼は6月29日放送の『こころ晴天』内で「梶原君がね、『東京からしんどい』っていうことで、行ったり来たりが。忙しくなってきてるしね。Youtubeからなんから」「私も突然聞かされて、“へぇっ”と思ってるんですけども」と説明。しかしその直後、梶原は自身のツイッター上で降板の事実を認めた上で、「『忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した』と僕が言った事実はございません」と否定した。

「上沼は梶原を可愛がり、梶原も上沼のことを慕っていて“親子みたいな関係”だというのは、関西では有名です。そのため、突然に梶原が上沼の冠番組を2本同時に降板し、さらに梶原が上沼の発言に真っ向から反論してケンカを売るような行動に出たということで、『いったい何があったんだ』と一部では話題になっていたんです」(テレビ局関係者)

 一連の不可解な降板劇の背景について上沼は、7月2日発売の「女性セブン」(小学館)の直撃取材に応え、6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』内での梶原について「梶原くんの返しがものすごく下手だったの」「全く役に立っていないとね。それで、吉本さんから辞めさせたいと申し出があった」と語っている。

「セブン」によれば、同日放送回の収録での2人のやりとりが「放送に耐えられない空気」になり、梶原のシーンがほとんど使われなかったというが――。

「2人の間で何があったのかは、わかりませんが、梶原は緊急事態宣言が空けて久方ぶりぶりの『えみちゃんねる』収録だったということなので、上沼特有の“強いイジリ”にビビッてしまいきちんと“返し”ができなかったのかもしれません。もしくは、久しぶりの対面にもかかわらず収録前に梶原が上沼にきちんと挨拶をしなかったりなど、何か上沼の癇に障る行動を取ってしまったのかもしれません」(前出・テレビ局関係者)

“大御所に噛みつく”ことの代償

 また、上沼の芸人としての考え方も影響しているのではないかと、別のテレビ局関係者は語る。

「一昨年の『M-1グランプリ』放送直後に起きた久保田かずのぶ(とろサーモン)による上沼への暴言事件では、久保田が所属する吉本興業サイドからの久保田本人の面会による謝罪申し入れを、上沼は拒否しています。この例からわかるように、上沼には芸人の世界における上下関係や“礼”に厳しい面がある。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ